スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●青林工藝舎の十周年記念

んーでもって、次の日2月15日は、青林工藝舎の十周年記念パーティへ。

マンガ好きなら涎の垂れるような有名人ばかりで、しかも人数もすごくて、いやはや驚きました。
言ってしまうと失礼だけど、零細な出版社には違いない青林工藝舎。よくこの出版不況の中、生き残ってきていると思います。でも、作家その他多くの人たちが支えているのも本当だね。
僕もその末席にちょこんと座らせていただいているかと思うと、(マンガの評論ではたいした仕事をやれていないけれど)嬉しい気持ちではあります。

産業としてのマンガ、売れるマンガも大事だけれど、それにはやっぱり作家が育ってこそ。
多様な感性のマンガが存在することで、読者の目も肥え、トータルして読み手・描き手が育っていくんじゃないでしょうか。
マイナーな作品は、最初は数が出るわけではなくても、時間が経つとものすごい影響力を持つものもあります。
標準化された”売れる”作品だけしか存在しないと、ジャンルとしてのパワーは確実に落ちると思う。
(なんだか生物多様性の話にどこか似ていますね。)
その意味で、旧ガロ→現在アックスの青林工藝舎の存在意義は、意外に大きいんだと思います。

花輪さんの裁判のころ、編集部の方々ともよくお話しました。もうあれから十年も時間が経ったんですね。年も取るよな~。


青林1
青林2
青林3

【“●青林工藝舎の十周年記念”の続きを読む】
スポンサーサイト

●”ポエキチ”にお邪魔しました

東京に短い旅行に行ったのですが、中3日間は人と会う用事ばかりで、まあ忙しいって言やあ忙しかったんだけれど、一人旅なのにとても楽しかったとも言えます。

僕が今何をしているのか、知りたい人は(あんまり居ないだろうけど)この3日間のことを見ていただければ、少しご理解いただけるのでは。

写真は、2月14日に立ち寄った、”ポエトリー・インザ・キッチン”という、事務所というか、フリースペースというか、会議室というか、多目的なたまり場という感じの場所でした。

なんのために行ったかといいますと…

ポエキチ3
ポエキチ2
ポエキチ1

【“●”ポエキチ”にお邪魔しました”の続きを読む】

●ユッキーの個人ツアー15日目・山形で中華

10日
美味しい日本酒と料理をごちそうになり、
布団できちんと眠れるって、幸せ。(ホント、お礼を言います。)

天童市→山形市と移動して、映画祭の実質的な最終日を楽しむのだー。
(11日は受賞作のみの上映)

ミスター・ピリペンコ


【“●ユッキーの個人ツアー15日目・山形で中華”の続きを読む】

●ユッキーの個人ツアー14日目・合い盛り蕎麦とは!

9日
マンガ喫茶でよく眠れぬ夜を過ごしてから、街へ。
この寝不足でせっかくの映画祭の一日が駄目になるとは…。


【“●ユッキーの個人ツアー14日目・合い盛り蕎麦とは!”の続きを読む】

●ユッキーの個人ツアー13日目・山ドキュ「遭難フリーター」など

8日
この映画祭では、映画の上映ばかりでなく、
いろんな企画が組まれている。
興味あるものだけでも、全部見るのは残念ながら無理なほどで、
いい意味で、とても贅沢だ。
(見切れないのは、ちょっと悔しい。)
香味庵

(※↑毎日の上映終了後の交流場所になっている香味庵。この日はすごい人で、中に入りきれず通りに客やら監督さんやらがあふれている様子)

【“●ユッキーの個人ツアー13日目・山ドキュ「遭難フリーター」など”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。