スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●@hatakezo動く!~総務省の記者会見こそ、まず完全オープン化すべき。記者クラブは国民の邪魔をするな。

 記者会見のオープン化問題に対して、フリーランスのジャーナリスト中心に様々な異議申し立てが行われているのを御存じの方も多いだろうが、どうも”ラチがあかんなぁ”という印象がある。もちろん筋から言うと、鳩山政権の時に、一気にオープンしなかった当時の閣僚の責任を問いたいけれども、一部オープンになった省庁もあり、この件は腹立たしいとはいえ今から言っても愚痴になるだけだ。

 だが何よりも現時点で、本当の”抵抗勢力”は記者クラブそのもの、ということになってきてしまった。(いや、正確にはもっと前からそうなんだけど。それがいよいよ露骨に見えてきたっていうことですな。)ラチが開かない状況を作っているのは、ひとえに記者クラブだということが誰にも見えてきたからだ。
 彼らはこれまでの慣行を盾にして「記者会見に誰が参加できるか、また質問や動画撮影をやって良いのか悪いのか」等、本来国民の手にあるものを勝手に管理しようとしている。僕にはそうとしか見えない。

 だが、過去は過去。今や情報環境はすっかり変わった。昔なら、記者会見を生中継で見せるためには、高価な機材や様々なインフラが必要だったが、今やiPhoneひとつでも全く可能な時代になった。どうして閣僚の記者会見を生中継しない理由があろうか。ホワイナット?
 そう思ってみれば、任意団体にすぎない記者クラブがいったいどういう理由があってそんな情報管理権をいつから持っているのか?ぜひ直接国民に、納得の行く論理的説明をしてほしい(どうせできまい)。

 というような状況の下、本日の総務省記者会見でフリーランス記者の畠山理仁氏(twitterで@hatakezo)が、一記者として動画撮影を強行した!おお。
(参照↓:田中龍作ジャーナルより「ついに激突! 記者クラブVSフリージャーナリスト ~その1~」
http://tanakaryusaku.seesaa.net/article/178764301.html
【“●@hatakezo動く!~総務省の記者会見こそ、まず完全オープン化すべき。記者クラブは国民の邪魔をするな。”の続きを読む】
スポンサーサイト

●通勤時に録音したニコ生を聴いて楽しむ。

最近、ニコ生(ニコニコ動画の中の、生中継部門、「ニコニコ生放送」)にはまっている。番組はたいてい2時間とかそれ以上で、長いので、実は生で見るタイミングはほとんどなく、後で音だけ録音してmp3プレーヤで通勤の時や、道を一人で歩いている時などに聞いている。

これがけっこう楽しい。

で、言いたいことはというと、”明らかに内容的に、ニコ生の方が優れている。”ということだ。
もちろん比較の相手は、地上波TVだ。(動画の生中継だからね。)
「TVなんかどうでもいい!」と常々言いながら、
【“●通勤時に録音したニコ生を聴いて楽しむ。”の続きを読む】

●TVにはゴミ情報しかない~西山太吉勝訴後の声を岩上さんのツイートで知る。

今、日本では、良くも悪くも時代にすごい変化が起きている…
…わけだが、それは案外と見えにくい。
それを隠そうとする人たちが手を組んでいるのだから、当然、見えにくくなっているわけだ。

太吉100410

勢い、TVを見ていると本当に馬鹿になるような状況が生まれている。
なぜなら本質的に重要なニュースは、全部とは言わないが、
かなりの分量カットされ無視されているからだ。
TVだけ見ると、同じ日常が続いているかのように感じられる。

しかし事態は激しく変化している。
だからむしろ、彼らが必至で隠すニュースほど、本質的かつ重要、と読めばよい。

例えば今日、
沖縄密約の文書開示を求めていた西山太吉氏が勝訴したニュースが流れているが、
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100411k0000m040050000c.html

勝訴の事実そのものはさすがにマスコミも扱ったようだが、
ネット上には、さらにディープな情報も見つけられる。

ジャーナリストの岩上安身さんのツィートを読んでいて、
知らないことだらけで驚いた。
それだけマスコミは、この事件について語れない立場にいるようだ。

以下に、僕の興味のあるところを引用してまとめてみた。
岩上さんのツィート・ページで見るほうがいいと思う方は、
こちらへ
http://twitter.com/iwakamiyasumi

変なマスコミのニュースより、ずっと情報価値がある。
ていうか、あちこちスクープだったりして。

【“●TVにはゴミ情報しかない~西山太吉勝訴後の声を岩上さんのツイートで知る。”の続きを読む】

●”的はずれ”で悪かったなあ、池田さん。「『検察リーク』批判」の批判

池田信夫っていう偉いおじさんが、「ネットで盛り上がる的はずれの「検察リーク」批判」という原稿を書いてるよー。
http://ascii.jp/elem/000/000/492/492807/index-2.html

そこで書いていることが、いまいちピンとこないので、批判をしてみたいと思うのだけれども。
批判に対して批判する、ってたぶん健全な行為だと思うので、チャレンジしてみます。
長いよ。

>検事総長が違法行為をやっているとテレビで名指しするなら、その根拠を示すのが当然だが、上杉氏は具体的な証拠を何も示していない。これでは名誉毀損で訴えられてもしかたがない。


そうでしょうか。ならば検事総長は上杉氏を、即刻、訴えてみれば良いのではないでしょうか?
【“●”的はずれ”で悪かったなあ、池田さん。「『検察リーク』批判」の批判”の続きを読む】

●小沢一郎と世界各国料理

今日、家へ帰ってきたらポストに、こんなん入ってた。
なんなんすか、これ!?
ozawa-shinbun

あっやしい見出し、あっやしい雰囲気で、
書いてあること読んでみると…
【“●小沢一郎と世界各国料理”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。