スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●「連続市民講座」第4回~原発災害以降のメディアのあり方を考える

開沼さんイベント

このようなイベントをやります。
http://sapporosocialmedia.blogspot.com/2012/02/4-20122256.html

場所は「フェアトレード雑貨&レストランみんたる」(北区北14条西3丁目2-19 Tel:011-756・3600)
2012年2月25日(土)午後6時~からです。ドリンク代500円のみいただきます。
(終了後、ゲストにも参加していただいた宴席に移行しますが、こちらの御参加も可能です。こちらの飲食代は、別途必要です。)

当日のゲストは2名。まず、「『フクシマ』論―――原子力ムラはなぜ生まれたのか」で単なる原発推進/反対の議論を越えた非常に重要な視点を提供した、気鋭の社会学者・開沼博さんです。原発を立地した地方自治体の立場を、歴史、生活、地方と中央の関係などから、多角的に考察した書籍です。かなり話題になったので、読んだ方も多いと思いますが、泊原発を抱える北海道の私たちがどのように世論形成していけばいいのか、参考になるお話しをうかがえればと考えています。
ゲストのもうお一方は、泊村の問題を取り上げたドキュメンタリ―を作成したディレクターの方です。実際の現地がどのような雰囲気になっているのかなどよく御存じで、開沼さんと興味深いトークが交わされるのでないかと期待しております。

当日はお二人のトークをUstreamでも中継する予定ですが、イベントの中で上映される作品については会場でしか見られませんので、興味をお持ちの方はぜひ、直接御来場ください。そして話の輪に入っていただければと存じます。(URLは追ってこのブログにも書きますので、もう少々お待ち下さい。)

イベントの内容については、こちらに詳細があります。→原発災害以降のメディアのあり方を考える「連続市民講座」

会場で(そして遠くの方はUSTで)お待ちしております。
スポンサーサイト

●この閉塞した状況を、空気を変えたい。たとえ無理でもそう思う。

福島のお母さん達の非暴力の主張もそうですが、
小さくても、大きくても、多くの人が何らかの行動を取ることが、
きっとキーになるのでしょう。

こんなことを言うと、優等生的だとか理想に過ぎないとか
揶揄するヤツもいるでしょうが、
取るに足りません。ほっておきましょう。

でも参加の敷居を低くして、
デモもいいけど地元議員に電話FAXその他、
「あれ知ってるか」「あんたの意見はどうなんだ」とやっていく、
何もしらない(TVに騙されている)情報弱者にも、いろいろ伝えていく、などの
地道な繰り返しなのかも知れません。

マンガ評論を地元紙・北海道新聞にに時々書いているので、
「脱原発世界会議のレポートを書きたい」と申し出たら、
あっさりOKが出まして、昨日の夕刊に載りました。
言ってみるものです。

メディア批判の部分も添削はなく載ったので、
フェアに扱ってくれたと思います。

拙文ですし、1000字では会議の全体像をつかみきれませんが、
とにかく、コツコツ小さな行動、と最近の私は思ってます。

ご高覧をば。
脱原発世界会議レポート


阿部幸弘




●「連続市民講座」第二回、決定しました。

私の自宅では、あえて地上波デジタルに非対応のまま、
静かな日々が続いています。

原発2

テレビをひねっても、何も映りません。


【“●「連続市民講座」第二回、決定しました。”の続きを読む】

●原発災害以降のメディアのあり方を考える「連続市民講座」 第一回

7月14日に配信しました。ご来場いただいた方々、ありがとうございました。
アーカイブは以下から視聴できます。

原発災害以降のメディアのあり方を考える「連続市民講座」 第一回
<前半>「ネットに頼らない市民のメディア発信―カフェ放送『てれれ』の意義」

Video streaming by Ustream
<後半>「社会情報のあり方をどうするか」


Video streaming by Ustream

●「カフェ放送てれれ」札幌での予定

<上映会>
てれれ
●7月14日(木)15:00-17:00 入場無料
「障がい者が発信するメディア」
場所:こころのリカバリー総合支援センター(白石区平和通17丁目北1番13号)
http://www.kokoro-recovery.org/index.html
※精神科デイケア施設です。当日は「センター祭」期間中なので個人の駐車は御遠慮ください。

●7月15日(金)19:00-21:00 1000円(ワンドリンク付き)
「てれれの活動と作品を見て語ろう」
場所:ATTIC(中央区南3条西6丁目 長栄ビル4F)
http://www.a-yaneura.com/
※終了後そのまま、「てれれ」下之坊さんを囲んで宴席を予定しています。どなたでも参加できます。参加費は多分500円程度の予定。

<Ustream放送>
市民講座
市民講座「原発災害以降のメディアのあり方を考える」第1回
●7月14日(木)19:00-21:00 入場無料(要予約)
配信サイト:http://www.ustream.tv/channel/yaneuratv  
※会場での参加もできますが、席に限りがあるため、こちらのみ予約が必要です。
(お問い合わせ:thisistheapeman-g8(アットマーク)yahoo.co.jp 阿部)

○19:00(予定)~第1部
「ネットに頼らない市民のメディア発信―カフェ放送『てれれ』の意義」
ゲスト:下之坊修子(「てれれ」主宰、自主作成ドキュメンタリー作品の上映継続、大阪在住)、司会:阿部幸弘
○20:00(予定)~第2部
「社会情報のあり方をどうするか~市民向け連続講座の紹介」
ゲスト:下之坊修子(てれれ)、森田彦(SGU)、井上芳保(SGU)、他

サイト:http://sapporosocialmedia.blogspot.com/
主催:「市民メディアによる公共圏形成と社会情報の提供に関わるプロジェクト」実行委
(=札幌学院大学(SGU)社会情報学部 +ATTIC屋根裏TV)
協力:独立メディアアソシエーション
(お問い合わせ:thisistheapeman-g8(アットマーク)yahoo.co.jp 阿部)


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。