スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ジジェクって、クリエイティブな思考の人なんだね。

先日、友人の勧めでスラヴォイ・ジジェク自らが出演する映画「The Pervert's Guide To Cinema」を見たのだが(直訳すると「変態の映画ガイド」または「性的倒錯者の映画ガイド」、かな?)、これが案外面白かった。
(この作品、日本公開はされていないようだが、DVDに多言語字幕機能がついており、硬い訳だったけど日本語字幕がちゃんと出た。)
zizek

実のところ、僕は精神分析に全く興味が無い。
いやより正確に言うと、”臨床には不要・無用いや有害”と考えるくらい、正直大嫌いなのだが、(まあそこまで嫌わなくてもいいだろう、と僕の中の別人格が発言するくらい、ちょっと極端かも)ジジェクと言えば、なんたってラカン派分析学の世界的論客だから、どこか警戒していたとも言える。

ところが、見てみて思ったのは、
【“●ジジェクって、クリエイティブな思考の人なんだね。”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。