スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●海軍の「反省会」に見る、日本的官僚組織の悪しき側面

NHKスペシャル・海軍
日本再生の、一番初めのステップが終わった。
政権交代が、初めて行われた。
始まりが始まっただけだから、むしろ勝負はこれからだと言わなければならない。

今後、当面の相手はたぶん、官僚とマスコミだろう。
マスコミはさっそく、あいも変わらない御用コメンテータを動員して、
たいして論点にもならない瑣末なことを批判させたりしている。
ふっ。芸の無いヤツラ。

マスコミに対しての戦略は、別に書くとして、
官僚にはどう対峙したらいいのか?
【“●海軍の「反省会」に見る、日本的官僚組織の悪しき側面”の続きを読む】
スポンサーサイト

●ウンザリするような、ノリピー報道ラッシュの一ヶ月だった。

ここ一ヶ月くらいのテレビを見ていると、ご存知の通り「ノリピー覚せい剤事件」の一色だった。

のりぴー

選挙もあり、本来なら今回の争点はどこらへんにあるのか、何が政策のポイントなのか、
解説する番組とかもっとあって良さそうなものだが、ほとんど見たためしがない。

ところで…
たしか電波は、水や空気や土地のように公共財であることになっていたと思うが、
こんな時ですら、公共のための番組は、NHKの一部番組を除いてほとんど皆無に等しい。

ノリピーの事件に多少興味のある人だって、さすがにもう飽きている。
芸能界に良くある典型的な事件ではないか。
ノリピーよりもオシオよりも、その背景の政財界人脈があるはずだが、
ほとんど情報は出てこない。

この一ヶ月で、
日本のマスコミがいかに偏向したものなのか、
いや、中立とかは原理的に無いにしても、
いかに世の中を何も反映していないものなのか、
誰もがよ~く分かったのではあるまいか?

TVは何も世相を反映しない。
いや、何も反映しないという形で、かえって「何を出したくないのか」分かってしまうため、
ネガのように世相を反映しているとも、逆説的に言えるかもしれない。

どれほど、単なる洗脳ツールに成り下がっているのか、これでほぼ誰もが分かったであろう。

そして…

【“●ウンザリするような、ノリピー報道ラッシュの一ヶ月だった。”の続きを読む】

●最高裁判所裁判官の国民審査も、×を付けるべき人には付けよう!

明日、いよいよ選挙。
誰に投票するかはもちろん重要だけれど、投票率が上がって欲しいな~と思っています。
今回、世の中が代わる(少なくともそのキッカケくらいは起こる)重要な選挙に、
多くの人が参加するのが、少しでも健全な世の中への第一歩ではないかと。

はっきり言えば、どの程度の勢力分布になるのかは、もちろん分かりませんが、
民主党優勢の政権になれば、市民参加の政治の道が開かれるわけで、
逆に、市民が参加しなければ何事も回らなくなる、そういう世の中になると予測されます。
すると、選挙結果はそれはそれとして、
考えや意見を”シモジモの皆さん”( by 麻生)であるワレワレが、
どれだけ発言していけるかが、重要になっていく時代になると思われます。

そこで!
最初の一歩として、最高裁判所裁判官の国民審査について、
少し考えてみました。
最高裁国民審査



【“●最高裁判所裁判官の国民審査も、×を付けるべき人には付けよう!”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。