スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●東京メディフェス、二日目。メディアの力は政府も怖い?

メディフェス二日目です。
プログラムに出るのが忙しく、あっと言う間に一日が終わってしまうのですが、
ホテルに戻ってTVやネットを見ると、毎日毎日、政治はぐいぐい動いているようですね。

もちろん官邸記者クラブ問題のように、良い事ばかりではないですけど、
岡田さんが外務省の会見をオープンにしたりと、快哉を叫びたい出来事もぼちぼちありますね。

一方、ちまちまシロウトが集まって
こじんまりやっているように見えるメディフェスですが、
今後の状況はある意味追い風。…!
もちろん慢心するわけには行きませんが、
メディアのシステムに関しても、政治的にも大きな変革があるかもしれません。
なんたって、明日のシンポジウムに
総務省の副大臣になった内藤正光氏がくるんだから。
(当初シンポジストの一人として交渉していたのが、民主党の人事でこのポストに付いたもの。)

レイバーネット「「TOKYOメディフェス」に総務省の内藤副大臣がパネリストとして出席」
http://www.labornetjp.org/news/2009/1253263345855staff01


神保哲生氏もパネリストとして来るし、どんな話になるのかめっちゃ楽しみ!
ちなみに僕は受付をやっているかも知れません。人手不足らしいので。

さて、本日(二日目)の個人的報告。
午前中は”国際フォーラム”「私たちのメディアが社会を変える~”コミュニケーションの権利”の視点から」に出ました。
コミュ権シンポ1
写真は、
【“●東京メディフェス、二日目。メディアの力は政府も怖い?”の続きを読む】
スポンサーサイト

●東京メディフェス、一日目。未来は決して暗くない。

「東京メディフェス2009」に来ております。第一日目です。
東京メディフェス1-1
場所は渋谷の「東京ウィメンズプラザ」。さすが、立派なビルが林立する中でも、見劣りしない会場です。上の写真はメディフェス会場エントランスの様子。

東京メディフェス1-2
午前中の基調講演を聞きました。講師はマーク・N・ワイス氏。

「POV」 http://www.pbs.org/pov/
という、インディペンデント系のドキュメンタリー番組を公共放送で立ち上げた人です。
POVとはpoint of view のこと。いろんな人の視点から見たドキュメント、という意味かと。
さすが、マイノリティーの立場も大事にしようというスタンスのあるアメリカ(の良い部分)。

ただ、独立系のドキュメンタリー映画は、アメリカでもなかなか金にもならず、
放映もされにくく、長年の苦労話を具体的に聞く、という感じでした。
どうやって、誰も知らなかったインディペンデント系ドキュメントを公共放送に載せたか、
そして、最近はPOVからエミー賞受賞が複数出るまでになったそうで、
そこに至るまでの、様々な工夫を聞くことができました。

なんだか日本の”市民メディア”が立たされている現状に、近いものがあるかも知れません。
いろいろ参考になることが、いっぱいありました。
それにしても、上記のサイトを覗くと(予告編しか見られませんが)
作品のレベルはどれもかなり高そうで、
英語がバリバリだったら色々と見てみたいような気持ちになります。

続いて午後は、
【“●東京メディフェス、一日目。未来は決して暗くない。”の続きを読む】

●「知らない」という形の洗脳~TVが無視するこの国の問題の数々

平野
ビデオニュース・ドットコムの今週の回(9月19日付け)、アップされてまもなく、ニュース・コメンタリーだけさっそく視聴しました。
この部分無料放送になっているようなので、どうぞ。
「開かれない記者会見に見る鳩山政権への一抹の不安」
http://www.videonews.com/charged/news-commentary/0001_3/001232.php

ほんと、テレビでは一切「記者クラブ問題」の件はやらないので、
ネットを見ている人と、見ない人との、情報のディバイドは極端なものがあります。
まるで別な国に住んでいるかのようではないでしょうか?

これが今に始まったことではないので、
【“●「知らない」という形の洗脳~TVが無視するこの国の問題の数々”の続きを読む】

●「記者クラブ開放公約違反」の”奥の院”がほぼ見えた。

ネットとマスコミ(ここではTVと大新聞)の乖離が、いよいよ明々白々になってきた。
白と黒のコントラストのように、くっきりとした違いがある。それは…、

「民主党、記者クラブ開放公約違反」を
取り上げるか?→ネット
無視するか?→マスコミ

リトマス試験紙のように、少なくとも現時点では、くっきりとした区別がある。
また、現時点では、マスコミは完全無視、いわゆるシカトを決め込んだ印象がある。
知らぬ顔のなんとやら。

神保哲生が、氏の個人ブログで、最新情報を提供してくれた。↓以下引用

【“●「記者クラブ開放公約違反」の”奥の院”がほぼ見えた。”の続きを読む】

●記者クラブ温存?~さっそくの公約破りについて、民主党は国民に説明せよ。

Bちゃん アーさん、お久しぶり。政権交代したね、内閣も決まったね。

アーさん ん? ああ、そうだね…。

Bちゃん なんだか浮かない顔だね。ゆうべの記者会見、いい話もあったんじゃないの?アーさん的に。

アーさん ん? まあ…そうだね。(ト、下を向いてブツブツ言って、アブナイ感じのアーさん。)

Bちゃん 密約のこととか、年金のこととかさあ。

アーさん ん?…んん。そうだね…。

Bちゃん アーさん、しっかりしてよ! 何か問題あるの?

アーさん …実は、がっかりしててさ。

Bちゃん がっかり?何に?

アーさん 公約破ったじゃない。さっそく。鳩山さん。いや、民主党が。

Bちゃん あれ、そうだっけ? まだこれからじゃないの?

アーさん ああ、Bちゃん知らないよね。マスコミでは一切触れられてない件だからね。
【“●記者クラブ温存?~さっそくの公約破りについて、民主党は国民に説明せよ。”の続きを読む】

●民主党、記者クラブ開放の公約を反古に。あ~あ。

あああ。今日はがっかりしたな。
記者クラブ制度の罠に、民主党自らはまったな。


The Journal
「民主党政権は「記者クラブ帝国主義」を打破できるのか? 首相就任会見の生放送に挑戦する!」

PJ News
「民主党が「記者クラブ問題」で取材拒否、記者クラブ解放はウソか」

神保哲生オフィシャル・ブログ
「なぜ記者会見がオープンでなければならないのか」

ついつい”記者会見”(?)を最後まで見てしまったが、

【“●民主党、記者クラブ開放の公約を反古に。あ~あ。”の続きを読む】

●「アジアン・メディア・アクティビスト・ネットワーク」のキャンプにも参加します。

二つ目は、アジアン・メディア・アクティビスト・ネットワークのキャンプです。
このAsian Media Activist Networkでは、「Champon(チャンポン)」というサイトを運営しています。
http://mediachampon.net/ja
メディアchampon
このサイトを眺めていただくと、分かるでしょうが、
【“●「アジアン・メディア・アクティビスト・ネットワーク」のキャンプにも参加します。”の続きを読む】

●週末から「TOKYO メディフェス2009」に行ってきます。

今週末から、”市民メディア”系のイベントに、連続ふたつ参加してきます。

一つ目は、これ。「TOKYO メディフェス2009」
http://medifes.net/
メディフェス2009
テーマは、「衣・食・住+メディア」ですが…、
【“●週末から「TOKYO メディフェス2009」に行ってきます。”の続きを読む】

●すごいな~、これ、スクープみたいなモンだと思うけど。

インフルエンザ関係のこんなニュース、マスコミに流れているだろうか?

「厚生労働大臣がワクチン輸入を宣言する中、上田健康局長率いる医系技官は水面下で阻害運動を続けています。」

これは、こないだ紹介した木村盛世さんのブログから。
興味があったら、ご一読を。
「上田局長と田代眞人氏 その甘い関係」
http://www.kimuramoriyo.com/25-swine_influenza/swine_flu_27.html

●マスコミを見ずに、別のものを見よう~その4「The Journal」があるので、これでホントに大新聞は要らない。

joranal

新聞がなくても、全く困らなくなってしまった。
必要な情報がネットから得られる、というだけではない。

最近、ほぼ毎日、The Journal の記事を楽しみに読んでいる。
もちろん玉石混交だが、必ずひとつ以上「ピリリ」とした論評がある。
視点を変えてくれる記事に出会うのは、スリリングなことだ。
http://www.the-journal.jp/

こうなると、
ますます新聞は要らない…んだよな~。

●マスコミを見ずに、別のものを見よう~その3「山崎養世氏の主張する高速道路無料化論」

高速道路の無料化について、マスコミの多くはネガティブ・キャンペーンをやっているらしい。
見てないけど。
そういえば、先日、「ニュースステーション」で猪瀬直樹と山崎養世が激論交わしていましたが、
(と行ってもYOUTUBEで後追いで見ただけですが)
猪瀬完敗。

「え?無料化なんてやって大丈夫なの?」というレベルで心配な方は、
以下からYOUTUBEに飛んで、ご覧ください。1~3の3本で30分弱ありますが、
迫力あって飽きませんよ。


で、この対談の片方、下↓の写真で言えば右側が山崎養世(やまざき・やすよ)氏
なんだけれども、
山崎vs猪瀬
【“●マスコミを見ずに、別のものを見よう~その3「山崎養世氏の主張する高速道路無料化論」”の続きを読む】

●マスコミを見ずに、別のものを見よう~その2「木村盛世氏の主張するインフル対策」

木村盛世さんの御著書、「厚生労働省崩壊  『天然痘テロ』に日本が襲われる日」、読みました。
そう。インフルエンザ騒ぎ(空港でマスク付けた係官が、走り回っていた)の頃、国会に呼ばれて発言していたお姿がTVニュースにもなった、あの方です。
今週、稚内往復の仕事があったのですが、その行き帰りにさらっと読めてしまいました。
厚生労働省崩壊

なんつうか、末端の機関(空港の防疫所)とはいえども、実際に現役で厚労省に在籍しながら、
【“●マスコミを見ずに、別のものを見よう~その2「木村盛世氏の主張するインフル対策」”の続きを読む】

●マスコミを見ずに、別のものを見よう~その1「天木直人のメールマガジン」

これからは、国民、いや庶民、いや、市民…ん~~~しっくり来る言い方がないから、
”シモジモ”(by 麻生)の我々が、

一日の間、どれだけマスコミ(新聞、TV)を見なくなり、
そのかわりに、オルタナティブな媒体をどのくらい見ることが増えるか、

簡単に言えば、マスコミを見ずに他を見る時間がどれだけ増えるか、

それが勝負ではないかと半分本気で思っている。
(ゆくゆくは、自ら発信する人が増えると、さらに良い。)

僕のブログのリンクをぜひ参考にしてください。(上の方、半分ね)
んで、他にもいいのがあったら教えてください。

で今日は、「天木直人のブログ」と「天木直人のメールマガジン」を紹介する。
(知ってる方は飛ばしてください)

[公式] 天木直人のブログ

【“●マスコミを見ずに、別のものを見よう~その1「天木直人のメールマガジン」”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。