スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●「会見NOW」~記者クラブのあり方おかしいんじゃないの?という人のための情報サイト

僕の周辺で感じているだけなので、明らかに主観的なことではあるが、「記者クラブ問題」、否、「記者会見オープン化問題」が、にわかに流動化しそうな勢いだ。
いろいろなアクションが同時多発的に進行しているように見える。たとえば、そのひとつ。「会見NOW」という情報サイトが立ち上がった。(以下の画像をクリックすると、飛びます)

会見NOW
(↑「会見NOW」の体裁はブログ。トップに、「記者クラブのあり方おかしいんじゃないの?という人のための情報サイト」とある。関心ある人にはメーリング・リストもあり、素人でも登録できる)

僕は、3、4年前から”市民メディア”(←ネーミングに関する議論を省略)に関心があり、その手のメーリング・リストに複数参加している。政権交代後、総理官邸は未だ会見をオープン化していないものの、いくつかの省庁が大臣の判断による異なる基準とスタイルで、以前よりは会見に参加可能なメディアの幅を広げたのは事実だ。
が、メーリング・リストの情報によると、その”前よりはいくぶんオープンになった”会見に参加した市民メディアの記者が、政府ではなく記者クラブ側から、容易には納得できない対応を受けるなどの事態が生じている。(ここではゆえあって、その事態については詳述しない)

感情論も多少は含んでいるかも知れないが、市民メディア側に居るものの一人として、マスメディアの記者クラブは、会見を国民にオープンにするためではなく、自分らの既得権益を守るために”記者クラブ”を運用しているようにしか
【“●「会見NOW」~記者クラブのあり方おかしいんじゃないの?という人のための情報サイト”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。