スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●@hatakezo動く!~総務省の記者会見こそ、まず完全オープン化すべき。記者クラブは国民の邪魔をするな。

 記者会見のオープン化問題に対して、フリーランスのジャーナリスト中心に様々な異議申し立てが行われているのを御存じの方も多いだろうが、どうも”ラチがあかんなぁ”という印象がある。もちろん筋から言うと、鳩山政権の時に、一気にオープンしなかった当時の閣僚の責任を問いたいけれども、一部オープンになった省庁もあり、この件は腹立たしいとはいえ今から言っても愚痴になるだけだ。

 だが何よりも現時点で、本当の”抵抗勢力”は記者クラブそのもの、ということになってきてしまった。(いや、正確にはもっと前からそうなんだけど。それがいよいよ露骨に見えてきたっていうことですな。)ラチが開かない状況を作っているのは、ひとえに記者クラブだということが誰にも見えてきたからだ。
 彼らはこれまでの慣行を盾にして「記者会見に誰が参加できるか、また質問や動画撮影をやって良いのか悪いのか」等、本来国民の手にあるものを勝手に管理しようとしている。僕にはそうとしか見えない。

 だが、過去は過去。今や情報環境はすっかり変わった。昔なら、記者会見を生中継で見せるためには、高価な機材や様々なインフラが必要だったが、今やiPhoneひとつでも全く可能な時代になった。どうして閣僚の記者会見を生中継しない理由があろうか。ホワイナット?
 そう思ってみれば、任意団体にすぎない記者クラブがいったいどういう理由があってそんな情報管理権をいつから持っているのか?ぜひ直接国民に、納得の行く論理的説明をしてほしい(どうせできまい)。

 というような状況の下、本日の総務省記者会見でフリーランス記者の畠山理仁氏(twitterで@hatakezo)が、一記者として動画撮影を強行した!おお。
(参照↓:田中龍作ジャーナルより「ついに激突! 記者クラブVSフリージャーナリスト ~その1~」
http://tanakaryusaku.seesaa.net/article/178764301.html
【“●@hatakezo動く!~総務省の記者会見こそ、まず完全オープン化すべき。記者クラブは国民の邪魔をするな。”の続きを読む】
スポンサーサイト

●赤塚不二夫展を札幌大丸で見てきた。

赤塚不二夫展を札幌大丸で見てきた。タダ券で。

券をいただいた人には申し訳ないが、そっけない内容だった。
赤塚の、人にも作品にも焦点が当たっていない。
たしかに原画と写真は多数飾ってあるが。

「何をしたいのかワカラン展示だ」と言ったら、あい方が、
「グッズ売りたいだけでしょっ」と。

なるほど、そっか…。

でもそれなら入場料は無料にしてほしかった。
(幸い自分は)大人700円がタダで入れて良かった。

誤解無いよう言っておくが、俺は赤塚、ラブだから。
【“●赤塚不二夫展を札幌大丸で見てきた。”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。