スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●日本の検察をあなたはどう評価する?

今回の、小沢秘書逮捕について、
テレビでは、元検察という肩書きの偉い人が出てきて、
検察を擁護するようなことを言っています。
曰く、「だから検察は正義なのだ」と言わんばかりです。

しかし、元検察の人にもいろいろ居ます。
http://www.videonews.com/charged/interviews/001999/000869.php

郷原信郎氏も、元検察。
別に今回の事件で、だれが正しいとか間違ってるとか
そういうコメントはしてないですが、
今回の強制捜査は、
かなり無理がある。

内容的にも
タイミング的にも

というお話をしています。
十数分のインタビューなので、
ぜひ、一通り見てみてください。

------

一方で、昨日僕が見たテレビのとあるワイドショーでは、
検察がいかに巨悪を裁いてきたのか、
ロッキード事件から何から
歴史をひも解く番組をやってたりしました。
”検察の大活躍”、みたいな。

でも実際は
検察はこれまで、
良いこともやっている。情けないこともやっている。
あやしかった話もいくつかある。
そういうもんです。

組織ってのは、
真面目に働いている人がほとんどです。末端では。
ただ、組織である以上(特に官僚の場合なおさら)、
上からの指令に逆らえる状況はめったになく、
上が腐ってたら下もそれに従うんです。

でもピラミッドの途中途中で、
「これはおかしい」
と思いながら働いている人はいる。

ただ正義を貫くだけなら、
いつも正論を言ってるだけの共産党みたいなことになって、
何も実現できません。

人は、自分のできる範囲では最善をつくし、
組織という枠組みで逆らえないところでは、仕方なく妥協する場合もあり、
時に、ここぞという場面で造反、ないし意外な行動に出る。
それくらいしか、一人の人間にはできないのではないでしょうか?

だからこそ、
検察の歴史の中に、
三井環さん(検察の裏金を告発しようとして、検察に葬られた)のことも
もしもちゃんと入っていれば、
素晴らしい報道、ということになるのですが、
今のマスコミにそんなことができるはずがありません。

できるなら、やってみ。
検察のお手柄と、
検察の疑惑と、
検察のあからさまな失敗と、
すべて並べる。

冤罪事件がこの国に、まったく無いとでも
マスコミは言うのでしょうか。

テレビや新聞の中の、心ある人たちの
小さな造反を期待します。
(大きくなくていい。無理してもつぶされるだけ。)
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/122-f5e5abf5

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。