スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●海賊は懲らしめるのが当たり前、という世論なんだろうか。背筋寒し。

伊勢崎賢治さん(国連武装解除チームに日本政府の代表として参加した経験を持つお方)が、
非常に重要なコメントを発しているのを、昨日見つけた。
ソマリア沖海賊の件である。

簡潔ながら鋭いコメントなので、ぜひ見て欲しい。(5分ちょい)


僕自身、「どうせ政府は、いずれ自由に海外派兵をする口実を作るためにやってんだろ」
くらいにしか考えていなかったし、「気分わりい」とは思っていたものの、
深くは考えていなかった。
よく考えてなかったことを、まずは反省したい。だが…、
伊勢崎氏によると、
「世論調査によると、9割の人が今回の派遣については、
『賛成』もしくは『海賊だから仕方ない』と思っている」
とのこと。
え!!ホントなのそれ?
http://www.magazine9.jp/other/isezaki/

だとすると、日本人のニュース分析力には相当問題があって、
赤子の手をひねるようにやすやすと、権力側の情報操作に流される、
そういう現実がある、ということになる。

わかってはいたが、やっぱりそうなのか。

自分はそうでなかったと自慢したいわけではない。
だが、
ソマリア沖海賊のニュースが出てきたころから、
僕は「また(権力側が)、次のネタ見つけてよろこんでやがる」と、感じていた。
あまりにタイミングが都合よすぎると、思いませんでしたか。

仮にソマリア沖の無政府状態が、世界の貿易の迷惑になるのなら、
海賊をひとつひとつ攻撃するのではなく、
ソマリア国内の状況に国連レベルで、また、まずは軍事以外の手法で、
どう介入すれば状況が良くなるか、ソマリア政府とともに議論するのが
もっとも最初に必要なことのはずなんだけど。
そうならないのは、なぜかと考えると、また陰謀論めいてくるので止めるが。

テポドン騒動の時は海外に居たので、
TV・新聞をチェックすることはほとんどできなかったが、
あとで幾つか専門家の解説を聞くと、
そもそも日本にとってはテポドンよりもノドンがすでに脅威だそうで、
また中国・ロシアにも日本国内の米軍基地に射程をあわせたミサイルは、
とっくにすごい数配備されているそうで、
しかもイージス艦もPAC3も今回の件では軍事的に全く無能だそうで、
またかなり早期に「衛星打ち上げ」と世界は分かっているのに、
日本だけ最後までミサイル疑惑で騒いでいたそうで。

あらゆる側面から見て、今騒ぐ根拠はない、
全く意味のない空騒ぎを日本はしていたらしいが、
その空騒ぎが誰にとってお得なのか、を考えれば、
マスコミ操作の方向性だけは僕ら下々にも分かるじゃないですか。

そう考えると、伊勢崎氏のメッセージが染みてくる。
「平和が大事、9条守ろう」といいながら、
日本人は何にも考えてないんだなぁ。

ニュースを疑え、というより
今、新聞・TVは腐ってるから、
ニュースの怪しさを良く考えることで、見えてくるものがむしろある、

とは思っているんだけど…。
一介のそこらのオジサンだからね、自分も…。
はてさて、どこまで騙されないで生きていけるもんだか。
騙されてることさえ気付く気配もない人たちと、
一緒に生きていくことが今むしろ不安でございます。

定額給付金で「麻生さん、ありがとう」とか書いてる
一部のバカ・ブロガーたちに言いたい。
それ、借金だから。
利息はたっぷり付いてくると思うよ。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/127-b0fdf7c9

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。