スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●森田健作なんてホントはどうでもいいが、検察やメディアの動きの指標になる。

「森田健作氏を告発する会」が始動した。
ホームページもできた。
http://morikenaccusers.blog42.fc2.com/

「そんなタレント政治家のことなんて、どうでもいいんじゃないの?」
と思う方々がもし居るなら、
「それはちょっと違う」と言いたい。
なぜならば、
これは、日本の社会が健全に動いているかどうかの指標になることがらだからだ。

・検察はバランスよく機能しているか?
・マスコミは権力をチェックできているか?
・世論はそれらに気付いているか?(=民度のレベルがどの程度か)
などなど

そして、各問いへの答えは、今のところ、
・検察は明らかに政権与党からの指示で動いている(ようにしか見えない)
・マスコミの偏向報道ぶりは、いまさらながら最悪。何も期待できない。
・世論はだまされっぱなし。(ただしネットの一部を除く)
と言ったところだろうか。

はっきり言って、森田健作個人には何の関心もない。
ただの青春馬鹿だと思っている。
そんな人間を批判するなんてのは人生の無駄だ。
ただ、ヤツの感性が堂々と大手を振って、
政権与党、マスコミ、一般市民を騙くらかしながら、
またぞろ権力を握っていく、その構造に終止符を打ちたい。

ブログなんて書いたって、何ほどのものでもないかもしれないが、
今の日本がものすごくオカシイということを、
せめて共有できる人と共有したい。

変化は目に見えるとまでは言えないが、
確実にじっくり水面下で起こっているような気がする(わからないが)。
というのも、最近ふと気がついたのだが、
テレビ世代で実はやっぱりテレビ好きの僕が、
明らかにテレビよりもネットを見ている時間の方が多くなったのだ。

今やADSL以上の環境がある人ならば、
ネットはテレビを代替する、というよりも、凌駕していることが分かるだろう。
動画配信サイトも、ものすごい数になり、
高画質の配信もだんだん普通になってきた。

くだらない芸人どもが面白くもない話題で盛り上がっている、
意味のないテレビ番組など、まったく見ないで済む。
探せばネットにも見ごたえのある、テレビ以上の番組はある。
(無料にこだわらず、少し金を出して探そう)

そして、ニュースの解析力についてだが、
ビデオニュース・ドット・コムを代表に、
圧倒的な解説力、コメント力、分析力を持った媒体が
少しずつ増えてきている気がするのだ。

それを念頭に置きながら、改めてテレビニュースを見ると、
コメンテータの質の悪さ、
キャスターの実力の無さ、
情報提供のいい加減さ(”関係者”などの出所不明のコメントなど、リーク以外の何物でもない)
すべてに渡る質の低さが目に余る。

はっきり言って、ニュースの分析力を比較すると、
幼稚園と大学くらいに差がついているのではないか。

問題は、これらの状況変化に気付いている人と
気付いてない人との、むしろ情報格差かもしれない。
もちろん、権力側がネットに規制をかけようとの画策も、
これから本格的になるだろう。

いわゆる”市民メディア”に多少とも関わっている経緯から、
ComRights(コムライツ) という、
「コミュニケーションの権利を考えるメディアネットワーク」
http://www28.atwiki.jp/comrights/
にも、ちょっと首をつっこんでいる。
ここでは、来年の「情報通信法」の設立に向けて、
権力側が(共謀罪の時のような)あからさまな圧力をかけてこないかどうか、
また、それ以上に、
日本では非常に遅れているメディアへの市民参加の権利について、
いろいろなイベントで世論を喚起しようとしている。

政治にしろ、司法にしろ、地方自治にしろ、メディアにしろ、
いかにして国民の手に取り戻すか、
その意味でものすごく大きな変化が起きている時代なのかも知れない。

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/129-17f88a8e

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。