スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●憲法学者が集まって、自民党二階大臣を刑事告発するとな。まずはエールを。

面白い動きが出てきた。
憲法学者が集まって、自民党二階大臣を刑事告発するというのだ!
http://blogs.yahoo.co.jp/abc5def6/59352839.html
http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51126843.html
専門家の集まりのようだが、何か応援できるなら、したい。

そうだよねぇ。おかしいよねぇ。
だって、西松建設の献金問題で、二階さんは真っ黒に近い灰色じゃないですか。
小沢周りばっかり強制捜査して、
なんで自民党の代議士は見逃すんだ?
やっぱり国策捜査なのか?
漆間巌が言った「自民党には捜査は及ばない」って、ズバリこのこと?

って多くの国民が思ってるじゃないですか。
その疑いを検察が晴らしたかったら、
さっさと二階周辺を強制捜査して起訴、
で西松からの献金のある政治家は党派関係なく全員任意で捜査して、
森田健作、即逮捕じゃないですか。

どれかひとつはやらなきゃおかしいよ。…ん?…ん?
検察さんよ。
全部やるべきだし。
そしたら国民は、「やっぱり検察はすごい」って認めるよ。

というほど話が簡単に進むわけがないのは分かっているのだが、
上記リンクの弁護士さんのブログと、続けて憲法学者さんのブログを読むと、
これがきちんと戦略のある方法論であることが分かってきた。

検察の起訴に関する法律が一部変わって、
市民からの告発を検察が受け止めなかった場合にも、
いくつかの条件をクリアすれば、検察の意に反した告訴も可能(かもしれない)、らしい。
検察が100%刑事告訴を管理する、というやり方に、一部穴があくわけだ。
もちろん、その穴を通過するのもそう簡単なことではないだろうが。

ここはある意味大事なポイントだ。
政権交代があろうがなかろうが、
また再びちらほら聞く「大連立」のような噴飯ものの事態があろうがなかろうが、
検察という制度は継続する。
(もちろん政権交代して検察幹部の総入れ替えということは、あるかも知れない。
しかし制度の持続は同じである。)
国民は検察の行動を見ているぞ、というメッセージを
見せるべきだと思うし、
今回の検察の動きから見えてきた問題点を防ぐような、
法改正だって必要なのではないかと思う。将来的には。

って、具体的にはどうすればいいのか分からないが。

ところで、
なんかさっきTVのニュースで、千葉市の市長だかが逮捕されたとのこと。
これ、何?
単なるブラフ?
意味わかんないニュースだなぁ。(現時点では)

こんなんじゃ煙にまかれませんよ。
早く二階(と森田)を強制捜査しなさいよ。
検察さん、信用を取り戻すのは今しかないよ。
たとえ現政権がちょっと長く生き残ったって、
このままじゃあ検察の社会的信用はガタ落ち、
だれも相手にしなくなるよ。
プライドが持てない仕事って、つらいんじゃないかなあ。

スポンサーサイト

コメント


はじめまして

はじめまして。
阪口弁護士のブログのトラックバックを見て、ここに辿り着いた者です。

私もユッキーapeさんと同じく、検察は早く二階を強制捜査すべきだと考えています。
上脇先生が言われるように(日刊ゲンダイでのコメントがブログで紹介されていましたが)、このままだと検察は自民党のための捜査機関になってしまいますよね。
検察はどんな機関からも独立して捜査に当たり正義を実現するのだ、という意志を示してほしいです。

コメントありがとうございます。
「検察はどんな機関からも独立して捜査に当たり正義を実現するのだ、という意志を示してほしい」と、僕も思いますが、同時に、
たぶん無理。
とも正直思っています。
そうでなければ、このような事態がそもそも起きなかったでしょうね。

マスコミも動かない、動かないどころか事態の隠蔽に加担する現在、
蚊の鳴くような声であってもものを言うことが必要かな、
と考えている次第です。

いい歳してんだから、大臣か敬称くらいしたらどうですか。恥ずかしい
 まぁ、貴方たちが騒いでもむだですがね。ホント日本は自由ですね

おや、きちんと読んでいただけたようですね。>なのりたくないお方さん
その上でコメントを記入していただけたのが、大変うれしいです。

「いい歳してんだから、大臣か敬称くらいしたらどうですか。」

ご忠告ありがとうございます。
しかしこのブログは、新聞記事ではないので、
そういうルールを適応する必要は全く無いと考えております。

ところで、”怒ったときは図星”ってご存知ですか?
あなたはどんな関係者でしょうね。
検察筋の方もネット世論を気にしていただいているようならば、
これは光栄なことですね。
僕を「貴方たち」と呼ぶ人は誰なのか、
ちょっと考えてみました。
たしかに何の名声も人脈も影響力もない人間なので、
あなたのおっしゃる通りですが、
そんな一ブログにわざわざ怒りのコメントをいただけるなんて、
本当に嬉しいことですよ。
ほほほ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/130-4c57dda9

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。