スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●豚インフルよりも、熱出たらすぐ休めることの方が重要。

このブログで言いたいことは、
実はいかにも単純で。

下々のワレワレは、
権力が持っているような情報は得られないわけだから、
いずれにせよ、何の確証もなく生きていくしかないのだが、
それにしても、マスコミの情報操作のやり方が
ワンパターン&末期的になってくると、
ちょっと考えれば見え見えの、
やらせだの、ゴマカシだの
いろんなものに気づくことができるんではないのか。

ということ。ただそれだけだ。

たとえば、現在の豚インフルエンザ騒ぎ。
この陰に隠れたものは、
国会のソマリア沖海賊への自衛隊派兵の件
だよな。

要するに、しっかり注目せねばならないこと
っていくつかあると思うんだが、
目をそらすために情報が流されるのが定石なんだわ。
新聞TVが完璧に権力よりのこの国では。

その証拠、まではいかないが、傍証のように言えるのは、
「豚インフルって、こんなに騒ぐほどのことなのか~い!」
ってことだ。

もちろん、WHOとか世界規模で感染症対策を練ること自体が
悪いことであるはずがない。
ただし、起こっている事態の深刻さや緊急性に合わせて
不可分に情報が流され、
人々が警戒するべきを警戒する、(&余計な騒ぎは起こさない)
そういう体制ならば問題はない。

しかし現実は、とてもそうなっているとは思えない。
特に日本では。

現時点では、豚インフルは弱毒性である。
熱が出るけどそのうち治る病気なのだ。
多くの人が感染すれば、学校閉鎖やら経済的影響やら
あるかも知れないが、そんな死なない。

それにだいいち、普通の風邪だって
こじらせれば死ぬっての。

警戒を怠るな、くらいの態度はOKだけれども、
明らかに日本のマスコミは異常だ。
感染の疑いのある高校生、たった一例だけを詳細にフォローして
いったい何の意味があるのか?

その高校生が、インフル陰性だったとして、
これまたその市長が、
わざわざインタビューに出る必要がどこにあるのか?
そんなニュースは情報として、
われわれの生き死にとほとんど関係がない。

そもそも、メキシコで死亡例が確かに出ているようだけれども、
貧困で医療が容易に受けられないような国で、
だから熱がちょっと出ても、なかなか病院に行けないような体制で、
何人死んだかということが、どの程度参考になるのか?

マスコミが報道すべきは、
この感染症がどの程度本気に警戒すべきものなのか、
その出来る限り正確な情報であるはずなのに、
事態は全く逆である。

それはなぜかと言うと、
先に書いたように、
ソマリア自衛隊派遣に関する、世の中の議論や思考を
ストップさせるためにあると、僕は見るが、
そうであってもなくても、
マスコミの蝶番(チョウツガイ)がすでに駄目になっていて、
たとえばドアで言えば、
バタンとあくか、ガターンと閉まるか、
その間がなく、全く微調整が取れないような状態に、
すでになっているからと思われる。

もちろんその原因を個別に述べて行けば、
明治以来の中央集権的マスコミ操作とか、
戦後の日本がCIAか何か知らんが対米追従路線しか選択できないこととか、
当然ながら記者クラブ問題とか、
新聞とTVが資本でつながっていることとか、
いろいろ議論はあるわけだけれども、

そういう大きなことはもちろん重要に違いないが、
構造の最も下にある一番の問題点は、
メディアを享受するいわゆる一般人が
素朴で純真でバカだということに尽きるような気がする。

僕だったら、
豚インフルが危ないからと海外旅行止めたりしませんね。
メキシコ行きはさすがに迷うかも知れないが、
他は関係ない。

それよりも、
風邪をひいても仕事を簡単には休めない、
そういう状況の方がよっぽど問題だ。
風邪はたしかに万病の元なんだから、たまにこじらせて死ぬ。
豚インフルよりも明らかに、
長時間労働やら過労死やらを引き起こすような、
日本の労働環境の方が、
まったくもって問題なのだ!!

最後にひとつ、
世界政治の情報通、田中宇(たなか・さかい)氏が
最近の感染症騒ぎ(SARS、鳥インフルなど)が
人為的操作の結果である可能性を指摘している。
田中氏の当該記事は有料なので、それを引用したコラムを
どうぞご参考に。
http://www.the-journal.jp/contents/yamaguchi/2009/05/post_64.html

僕は陰謀論を簡単に信ずる立場ではない。
陰謀論は、物事をあまりに単純に図式に当てはめ、
その結果、人の思考力を奪う効果(副作用?)がある。
ただし田中氏は、全く根拠なくものを言うような人ではないと思うので、
彼がそこまで指摘するなら、さすがにちょっと気になるところではある。
(田中氏のサイトは、http://tanakanews.com/

実際、インフル騒ぎで儲けるのは、
明らかに大企業であり、その株主だ。
上記のURLでも、ラムズフェルドの名前が上がっている。
どこまで本当なんだろうか…。

もうちょっとだけ長生きして、
これらの謀略説が、後日確かめられる日を
楽しみながら待ちたい。

僕らにできるのは、日常の予防と、
もし風邪っぽくなったら、すぐ休むことだ。
休めないような世の中が異常なのだ。

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/133-e7ceeedb

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。