スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●裁判員制度の凍結・延期法案について、議員に質問と意見を。(下書き)

裁判員制度の凍結延期法案がそろそろ出るはずだが、それに前後して、以下のような質問とお願いを、投票権のある(つまり、選挙区の議員と比例区だったら政党に宛てるべきなのか?)議員等に送ってみようかと思う。
一応、下書きを作ってみたが、ちょっと強引過ぎるような気もする。
まだ出さないで、一晩寝かせて考えよう。
以下はまあ、「こんなん作りました~」という意味で、原案の文章である。

もっと良い質問(または意見)を書いた方もきっと、
あちこちにいらっしゃっることと想像するけれども、
各自オリジナルでいろいろに意見を述べていくことが、最も良いだろう。
でも時間のない人とか、切り貼りして使ってくれても(当然ながら)全く問題ない。
(ただし、保坂展人議員のブログなど関連項目は、目を通した方が自分の意見もまとまると思う。
「12の論点」については、
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/21929301bf51872669470a5abd17bbeb
「憲法違反」などの観点については、
http://kengi-blog.cocolog-nifty.com/kengogo/2009/05/post-2560.html

というわけで、
みんなで書いて、みんなで送りませんか。

-----------------↓以下、下書き。

 はじめまして。
 お忙しいところ、たいへん申し訳ありませんが、私は有権者の一人として●●先生に、ご質問とご意見をさせていただきたいと存じます。
 単刀直入に申し上げます。裁判員制度のことです。

 最近、「裁判員制度を問い直す議員連盟」(以下、議員連盟)が、この制度を凍結・延期する法案を、国会に提出すると聞きました。私は大賛成です。長々とは申しません。先生もきっと、国民のほとんどがこの制度に反対していることをご存知かと思います。

 ちなみに、議員連盟の指摘する制度の問題点は、以下のとおりです。

①思想・信条による「辞退」や面接時の「陳述拒否」が認められない
②守秘義務・虚偽陳述の罰則が重すぎる
③「無罪」の判断をしても強制的に「量刑評議」に参加を強いられる
④死刑判決を全員一致ではなく「多数決」で行うこと
⑤裁判員裁判を受けるか否かの「選択権」が被告人にないこと
⑥取調べの可視化が実現していないこと
⑦公平な裁判のための条件は整っているか
⑧放火・殺人等の「重大事件」が対象となっていること
⑨裁判員への説示を公開の法廷で行うことが義務付けられていない
⑩部分判決制度は裁判員裁判の対象外にすべき
⑪「拙速審理」に対する懸念が払拭されていないこと
⑫国民への一方的な宣伝ばかりで説明をしていない
(※保坂展人議員のブログから引用、要約)

 私も素人なりにこの制度のことを少し勉強しましたが、上記十二の項目はかなり問題点を整理したものと思えます。

 また、観点は異なりますが、
◆この制度には「国民に強制的に参加させ、拒否する者には罰則を課する」など、少なくとも憲法違反が4点以上ある。
◆今回の裁判員制度は、実は、ナチスドイツに占領されていたフランスの「参審制度」にそっくりだ。最高裁が発行しているフランスへの調査報告書でも明らかにされている。
(※同じく、保坂展人議員のブログから引用、要約)
と言われていると聞き、とても驚いています。

 つきましては、先生にご質問があります。
Q1.裁判員制度は凍結・延期すべきとお考えでしょうか?
Q2.その理由を教えてください。

 お聞きしたいことは以上です。ご解答いただければ、来るべき衆議院選挙の際の、重要な判断材料の一つとして使わせていただきます。また、国民の真剣な問いに対して、ご解答をいただけるか否か自体についても、立法府の構成員である先生方の、私たち有権者への誠意の度合いを示す指標ととらえ、同様に判断材料にさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 ちなみに私は、一人の国民としてこの制度に参加させられることが非常にイヤなので、全く中立的な立場でこのメールを書いているわけではありません。質問とはまた別に、これはお願いとして申し上げますが、裁判員制度を凍結・延期する法案には、ぜひ賛成票を入れていただきたいと存じます。

 以上、よろしくお願いいたします。

●●都道府県●●第●区 ●●●● 

スポンサーサイト

コメント


正直なところ、誰あてに送っていいのか悩みますが、探して私も送ります。
時期的にはいつ頃までならまにあうんでしょうか?
この制度を受け入れたいと思っている人間など身近にはいないはず。

>まっしゅさま
たとえば、ですが、
「国会議員の名鑑 ぶぷりすてら」というサイトから、
地図で選ぶことができて、
北海道ですと、
http://www.publistella.net/list/index.php?st=1&hs=1&od=ele&pref=1
ここにリストが表示されます。
あとは手作業ですね。文章も変えねばならないし。
厳密には僕は北海道1区なので、
あとは(このリストでは下のほうにある)比例区の議員が対象です。
が、議員の世論の動向と反応を知りたいので、
あちこち出してみます。

これ、いかがでしょう。
http://www.dokokyoso.jp/pdf/20061127mail.pdf

ありがとうございます(^。^) 上手くできるかどうかわかなないけれどやってみますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/141-641190f3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。