スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最高裁判所裁判官の国民審査も、×を付けるべき人には付けよう!

明日、いよいよ選挙。
誰に投票するかはもちろん重要だけれど、投票率が上がって欲しいな~と思っています。
今回、世の中が代わる(少なくともそのキッカケくらいは起こる)重要な選挙に、
多くの人が参加するのが、少しでも健全な世の中への第一歩ではないかと。

はっきり言えば、どの程度の勢力分布になるのかは、もちろん分かりませんが、
民主党優勢の政権になれば、市民参加の政治の道が開かれるわけで、
逆に、市民が参加しなければ何事も回らなくなる、そういう世の中になると予測されます。
すると、選挙結果はそれはそれとして、
考えや意見を”シモジモの皆さん”( by 麻生)であるワレワレが、
どれだけ発言していけるかが、重要になっていく時代になると思われます。

そこで!
最初の一歩として、最高裁判所裁判官の国民審査について、
少し考えてみました。
最高裁国民審査



僕の結論は、
竹内と竹崎は絶対×!
理由:竹内はイラク戦争を強く支持した外務次官だったから。竹崎は裁判員制度推進で最高裁長官になったようなヤツだから。

ほかにも×は居るが、その理由は、
和歌山カレー事件で死刑にする合理的理由がない。
同じく、植草事件で有罪にする合理的理由がない。
御殿場事件で有罪にする合理的理由がない。
などを、僕なりの根拠にしています。

宮川はビミョーだが、経歴から見て民権派である可能性は残っている。
金築は最高裁判事になって経歴浅く、判断材料に欠ける。

もちろん、全部×にするという判断もある意味筋が通っている。(過去の与党政権の息がかかった人材である、という判断からすれば全×もアリ。)

というわけで!
名簿に書き込む際には、×以外を書いては駄目みたいなので注意。(○もつけちゃいけない)
なので、右から左へ
×
×
×
×
 (書かない)
×
×
×
×
 (書かない)
最高裁国民審査
ということになります。

100%の自信はないけれど、何も考えないよりマシかと。
少し判事の名前を覚えたしな!
これからは、積極的に権力の監視をして行きましょう、みなさん。

以下は、参考にしたリンクなどです。
----------------
※普段から最高裁の判例に注目して、しっかり成績をつけておくような雑誌とかサイトとかが必要なんだよな、と思いましたら、それに近いものがありました。
「忘れられた一票 2009 最高裁判所 裁判官 国民審査 判断資料」
”国民審査の×ガイド”
http://miso.txt-nifty.com/shinsa/xxx.html

あと、例によって、ビデオニュース・ドットコムの
「最高裁国民審査を審査する」の回を参照しました。
http://www.videonews.com/charged/on-demand/431440/001205.php



最高裁判所 国民審査(審査票の名簿順)

櫻井龍子(さくらいりゅうこ)→×
御殿場事件の上告棄却を決定した。
沖縄ヘリ墜落の時、日米間協議の情報公開請求を却下した。

竹内行夫(たけうちゆきお)→×××!
外務省の次官在任中に、米国の対イラク攻撃に支持を表明。
イラク戦争に反対した天木直人駐レバノン大使を辞任させた。

涌井紀夫(わくい のりお)→×
「一票の格差」問題で合憲判断をした。
沖縄ヘリ墜落の時、日米間協議の情報公開請求を却下した。

田原睦夫( たはら むつお )→×
「君が代」伴奏を拒んだ教師に、学校側の戒告処分を有効だと結論。
和歌山カレー事件で死刑を支持した。

金築誠志(かねつきせいし)
まだあまり判例なし。

那須弘平(なすこうへい)→×
「一票の格差」問題で合憲判断をした。
和歌山カレー事件で死刑を支持した。

竹崎博允(たけさき ひろのぶ)→××!
最高裁長官
裁判員制度の推進役として、異例の人事異動でいきなり外から長官になった。
裁判員制度創設の貢献が評価されての人事だと言われている。

近藤崇晴 (こんどうたかはる)→×
植草事件で有罪
和歌山カレー事件で死刑を支持した。

宮川光治(みやかわこうじ)
弁護士として公害訴訟で住民側について活動してきた。
最高裁での判例はまだ少ない。
沖縄ヘリ墜落の時、日米間協議の情報公開請求を却下した。





スポンサーサイト

コメント


この 国民審査の結果報告は いつどこで知らされるんでしょうか? きのうはチラチラ探してみましたがはっきりした事がみつかりませんでした(-"-;)

審査の結果は…

>まっしゅさま
昨日付の新聞などに載ったようです。たとえば、これ
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090831dde007010028000c.html

それについてのコメントもネット上では散見されます。たとえば、これ。
http://rightaction.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-ccba.html
「腑に落ちない」と。そうかも。

あと、事後にたどりついたのですが、
日本民主法律家協会、という団体のサイト
http://www.jdla.jp/index.html
で、しっかりした資料が出ておりました。
http://www.jdla.jp/kokuminshinsa/24kokuminshinsa.pdf
これを読んだら、金築も×だったなと今思っています。
http://www.jdla.jp/kokuminshinsa/2009shinsa.html

×がデフォルトで常識な世の中にしていきましょう。
今回、最高裁という組織は、平均で一件30分しか審理にかけていない、
ということが分かり、驚愕するばかりです。
日本の司法って、ほんとうに司法と呼べるのか?と思うくらいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/155-50698e6b

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。