スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●海軍の「反省会」に見る、日本的官僚組織の悪しき側面

NHKスペシャル・海軍
日本再生の、一番初めのステップが終わった。
政権交代が、初めて行われた。
始まりが始まっただけだから、むしろ勝負はこれからだと言わなければならない。

今後、当面の相手はたぶん、官僚とマスコミだろう。
マスコミはさっそく、あいも変わらない御用コメンテータを動員して、
たいして論点にもならない瑣末なことを批判させたりしている。
ふっ。芸の無いヤツラ。

マスコミに対しての戦略は、別に書くとして、
官僚にはどう対峙したらいいのか?
これは、なかなか難しい。
もちろん、分かっていれば書きたいところだが、
彼らの手の内は、”シモジモ”(by 麻生)の我々には計り知れないからだ。

そこで、官僚の体質という意味で参考になるのは、
NHKスペシャルで8月9~11日に放映された、
「日本海軍 400時間の証言」だ。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/090809.html

再放送が、来週あるので、ぜひ見られたし。
あまりに勇気ある良質の番組なので、つい受診料を払いたくなったほどだ。
http://www.nhk.or.jp/special/rerun/index.html
「第一回 開戦 海軍あって国家なし」
「第二回 特攻 やましき沈黙」
「第三回 戦犯裁判 第二の戦争」

海軍と陸軍が、互いのセクト主義的な争いの中で動いていたこと(=”海軍あって国家なし”)。
特攻については、軍の内部にも多くの異論があったにもかかわらず、結局誰も発言せず、”やましき沈黙”が組織を覆っていったこと。
そして、戦争裁判の処理に関しては、下を切り捨てる形で上が生き残って行ったこと。

…驚愕の事実が次々と判明していく。

そして、この省庁縦割りのセクト主義や、自由なディスカッションが封じられた体質、上部のみの生き残り(トカゲの尻尾切りとも言う)で動いてしまう組織慣習は、まさしく日本の官僚組織の現在にもぴったり当てはまるのではないだろうか。

当時の覇権主義国家体制下の軍隊と、今の官僚組織を同一視して良いのか?という反論はあるかも知れないが、それは番組を見てからにしてほしい。
もちろんすべてが同じだ、などとは言っていない。
が、悲惨な敗戦に突入していくその最後の最後まで、誰一人ブレーキをかけることができなかった組織的体質は、”どこかで見た風景”という気がしてしまうのだ。

ただし、一方的な官僚批判をするために、この番組を見てほしいと言っているのではない。
今回の選挙結果を見ても、あまりに単純に世論がひっくりかえるこの国では、
”シモジモ”(by 麻生)の我々の側も、決して政治リテラシーが高いとは言えない状況がある。
戦後しばらくならば、なおさらだ。
その間、日本の官僚たちは、そこそこうまい具合に国の舵を取り、結果大きな経済成長を成し遂げた。
その功績もあったのは事実である。

まして、官僚を批判するだけでは何も動かない。
優秀な官僚は、一定の人数必要だ。
本来ならば、縁の下の力持ち的な”報われないが大事な仕事”、というものはあって、
それはシステムのメンテナンスの側面を持っている。
医者は官僚ではないが、健康管理を通じた社会システム・メンテナンスという側面があるし、
実は昔々、地方自治体の末端の官僚も一時やったことがあるから、
官僚を否定したって、大事な役割はあるのにな、ということは僕自身は感じている。

ただ、その”優秀さ”とは何なのか、その再定義が必要だし、
それを誰が見極め誰が仕切るのか、という問題なのだ。
それらを変革することは、とても骨の折れる作業だと思われる。

というわけで、日本的集団の悪しき体質や、そこから起こる失敗などを
知る上では絶好のドキュメンタリーだ。
海軍の上層部の方々は、人知れず東京の片隅で「反省会」を行ったらしいが、
そこでの言葉が赤裸々であるだけに、
亡くなる前に反省と総括を責任持って公表しなかったことが、大変残念である。
彼らがきちんと社会に向けて責任をとらなかったことは、
彼らのような集団が、最終的に決して信用ならない集団であることの証明に思え、
たとえ背景に郷土愛や家族愛があったのだとしても、
僕にとっては、どこまでも同情心を留保しなければならない十分な理由になっている。
(あんたらは、末端の一兵卒ではなかったのだから…。)

ま、ご覧になって判断してみてください。
NHKは時々、良い番組を作って”も”いることは認めております。

スポンサーサイト

コメント


この感想文のURLをNHKの「ご意見」窓口に送付

せっかくなので、この感想文のURLをNHKの「ご意見」窓口に送付しました。
文面は、以下。
-----------↓
8月9~11日に放映された、
NHKスペシャル「日本海軍 400時間の証言」の感想をブログに書きました。
大変良い番組だったので(これは本心)、再放送をぜひ知り合いに見てほしくて、リンクも貼らせていただきました。
良質な歴史検証番組をこれからも創り続けていただき(1)、過去の問題の検証番組(訴訟で最高裁まで行ったETVの番組など)もきちんと発表する(2)が満たされれば、受診料を払う気持ちはありますが、(2)はまだですね。
よろしく。

http://yukky0ape.blog62.fc2.com/blog-entry-157.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/157-755daf76

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。