スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●週末から「TOKYO メディフェス2009」に行ってきます。

今週末から、”市民メディア”系のイベントに、連続ふたつ参加してきます。

一つ目は、これ。「TOKYO メディフェス2009」
http://medifes.net/
メディフェス2009
テーマは、「衣・食・住+メディア」ですが…、
これは、我々が生活を営む上で、メディアも衣食住と同じくらい大切、
って意味のようです。

たしかに、国民主権が本当に動いていくためには、
メディアの流す情報の質がとても大切になりますよね。
水道の水質と同じくらい重要です。

しかるに!日本のマスメディアは――という演説はこのブログで時々やってますので、
止めまして、
マスコミの質を上げるというだけでなく、
市民あるいは一般人が種々雑多なメディアを活用して、
受け手ではなく発信者になる、というアクションも非常に大事なことだと思っています。

ただしそれは全国的にまだまだ模索の状態なわけですが、
きっと花開き実を結ぶ分野だと思って、ここ数年参加しているわけです。

さて、ふたつめのイベントは、実はキャンプなのですが、
(レイブじゃありませんよ、残念ながら。ああ!いいレイブ行きたいな~)
中身の説明はまた後日。

旅行中、これらのイベントのレポートを載せるかも知れませんので、
よろしく。

※市民メディアの、特に”市民”という言葉に違和感を持つ人も多いようですね。たしかになんだかしっくり来ない言葉ではありますね…。『市民ケーン』みたいな市民市民した市民って、日本に居るのか、居たのか?って言われれば、なんだかあやしくなってきます。ですが僕自身はこの分野の学者ではないので、それほど気にしてはいません。あるいは分かりやすく、”草の根メディア”という言い方もいいと思うのですが、あまり一般化してはいません。
ま、日本においては、マスメディアを通した官僚または企業の洗脳が大成功している状況なので、それ以外なら、有象無象、ある意味~んな草の根メディア、みたいなところはあるかも知れません。

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/163-fd1a13ef

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。