スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●「記者クラブ開放公約違反」の”奥の院”がほぼ見えた。

ネットとマスコミ(ここではTVと大新聞)の乖離が、いよいよ明々白々になってきた。
白と黒のコントラストのように、くっきりとした違いがある。それは…、

「民主党、記者クラブ開放公約違反」を
取り上げるか?→ネット
無視するか?→マスコミ

リトマス試験紙のように、少なくとも現時点では、くっきりとした区別がある。
また、現時点では、マスコミは完全無視、いわゆるシカトを決め込んだ印象がある。
知らぬ顔のなんとやら。

神保哲生が、氏の個人ブログで、最新情報を提供してくれた。↓以下引用


※神保哲生オフィシャル・ブログ「記者会見クローズの主犯と鳩山さんとリバイアサンの関係」
---------------------------
私が一番気にしていることは、これまで記者クラブ問題というのは、メディアの既得権益という文脈だけで捉えられてきましたが、メディアがいよいよ観念して記者クラブ開放やむなしに舵を切った時、実は記者クラブ制度における本当のリバイアサンが顔を出してくるのではないかということなんです。つまり、記者クラブ制度というのは、一見メディアの既得権益問題に見えますが、実はそれは副次的な産物に過ぎず、この制度で一番得をしているのは実は統治権力に他ならないということです。
---------------------------
↑ここまで引用。

つまり、「記者クラブ問題」の本質は、記者クラブの運営者=マスコミが握っているわけではなく、
神保氏の言う”奥の院”(あるいは”リバイアサン”)、つまり統治権力そのもの、
というのが見えてきた。

ならば事の呼び方を変える必要があるかも知れない。
たとえば、「ジャーナリズム囲い込み問題」、とか、「特定メディア優遇問題」とか。
囲い込みや優遇の主語は当然、統治権力ということになる。

神保氏の調査報道によると、厳密なところまでは分からないにしても、
鳩山-平野(官房長官)ラインの、コミニュケーションのどこかに火種があったが、
その詳細までは突き止められなかった、ということになる。

神保氏曰く、「鳩山総理や平野官房長官に直接記者会見で質せば簡単に解決する問題ですが、まだ会見には出られないわけですよ。」
さぞ悔しいことでしょう、ジャーナリストとして。
この問題に注目してきた一市民として、僕も悔しいですが。

いずれにしても事は深刻だ。
ディスクロージャー(情報の公開)は党是の柱ではなかったのか? 民主党よ。

ただ、これを単純に声高に叫ぶだけでは、何も建設的には進まないだろう。
変革の可能性が完全にゼロになるまでは、粘り強く働きかける必要があると思う。

たとえば…
・地元の民主党候補に、ことの重大さを直接訴える(たぶん、直に足を運んだら効果的。選挙もまだ来年すぐあることだし)
・首相官邸はもちろん、民主党や主要候補のHPに意見を送る
・連立政権の他の政党にも働きかける
・マスコミに対して、この問題をなぜ取り上げないのか抗議する。(地方紙ならやってくれるかも)
・個人の発信(ブログ~飲み屋)で、この問題の重要性を理解する人を増やす
・シンポジウムその他、市民レベルで情報を広げていく
・しかるべき団体に働きかける←というか、どこがしかるべき団体なのか?考えるところから、かな

それにしても…
平野官房長官の判断は近視眼的だと言わざるを得ない。
たとえメディアを囲い込んだって、ネット世論を抑えることは不可能だ。
今回のあなたの判断で、ネットは来年参議院選挙にどう動くか予測してみてほしい。
選挙対策としては最大の下手を打ったと僕は思う。

逆に、記者会見をオープンにすれば、
従来どおりのネガティブ・キャンペーンをマスコミが行ったとしても、
ネットを含めた市民世論が単純にそれに引きずられることはない。
小沢秘書逮捕の時、それが証明されている。

かえすがえすも、官房長官としての読みの甘さ。
ただし、まだ挽回のチャンスは残っているから、再度熟慮願いたい。

そうだな、小沢さんに向けて、「選挙対策としても大きな間違いだ」という意見を送ろうか。
彼はもう、来年の参院選に向けて動いているだろうから。

最後に、マスコミの中で働く、志ある記者のどなたかが、
勇気を持ってこの問題をオープンにする動きを期待します。
マスコミのすべてを否定しているわけではないので。
あ、これはマスコミへの抗議の中に滑り込ませると、いいかな。

駄目もと、駄目もと。


スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/169-e1183c6f

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。