スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●”的はずれ”で悪かったなあ、池田さん。「『検察リーク』批判」の批判

池田信夫っていう偉いおじさんが、「ネットで盛り上がる的はずれの「検察リーク」批判」という原稿を書いてるよー。
http://ascii.jp/elem/000/000/492/492807/index-2.html

そこで書いていることが、いまいちピンとこないので、批判をしてみたいと思うのだけれども。
批判に対して批判する、ってたぶん健全な行為だと思うので、チャレンジしてみます。
長いよ。

>検事総長が違法行為をやっているとテレビで名指しするなら、その根拠を示すのが当然だが、上杉氏は具体的な証拠を何も示していない。これでは名誉毀損で訴えられてもしかたがない。


そうでしょうか。ならば検事総長は上杉氏を、即刻、訴えてみれば良いのではないでしょうか?
ただしその場合、検事総長本人が情報リークという違法行為を「やっていない」と主張したとしても、”では取調室内に居ないと絶対に分からないはずの、微に入り細に渡った情報が、いったいどこからマスコミに漏れているのか”という問いに、必ずや発展することでしょう。
そして、検事総長より下の誰かがリークしていたと判明した場合か、あるいは「そう疑うに足るだけの正当な理由がある」場合、総長の監督責任は問われるのではないでしょうか?すなわち、明らかにリークがあるのに、それを長年放置した行政管理者としての責任です。

池田信夫さんの物言いは、上記のような、シロウトであっても誰もが疑問を持つ、「いくらリークの証拠はないって強弁したって、明らかにリークがあって記事が出てきてるじゃん」という基本的な問いに、はなから頬被りしているものに思えます。

>検察がもっと大きな容疑事実をつかんでいる可能性もあり、起訴するまでは何ともいえない。一般的には検察の捜査は非常に慎重で、ほとんどの政治家のスキャンダルは見逃されてしまう。今回のように物的証拠のあがる事件は珍しいので、彼らが政治的なリスク覚悟で捜査することを非難するいわれはない。


そうですか。では、言わせてもらいましょう。裁判では「検察の容疑事実が誤りか証拠不十分な可能性もあり、結審するまでは何ともいえない。一般的には推定無罪の態度で慎重に考えるべきであるが、日本では、ほとんどの容疑者は逮捕段階から犯罪者扱いされてしまう。今回のように世論が慎重になる事件は珍しいので、検察が政治的な野心から捜査しているのでは?という疑いを非難するいわれはない。」

検察がリスク覚悟で活動するのは、当たり前です。そういう類の仕事ですから。問題は、誰の利益を代表しているのか、ということです。国民目線から見て、納得が行かないからこそ今回のような”検察もおかしいんじゃね?”という疑念が出てきているわけです。それを絵に描いたような大原則で批判できると本当に考えているのであれば、あなたはいわゆるカマトトです。

>結果として検事しか知りえない情報が漏洩していることは事実だが、それは彼らが積極的に情報を教えている証拠にはならない。


そうですよ。だからこそ、漏洩が具体的にどういう状況で生じているのかに関心が集まっているのではないですか。消極的に漏洩しているのかもしれないし。そして、(あえて繰り返しますが)その目的が誰の利益になるのかも明らかに重要です。

>事件報道では、事情聴取を受けた人や周辺の取材で情報を固め、「こういう情報があるがどうか」と捜査官に「当てて」反応をみて裏を取るのが基本だ。捜査官も本当の捜査上の秘密は教えてくれないし、「きょうにも家宅捜索へ」といった「前打ち」は証拠隠滅のおそれがあるのできらう。無理にやると、出入り禁止を食らうこともある。


だからぁ、「出入り禁止を食らう」ということ自体にシステム上の疑念があるのです!公の情報は、官庁は出さねばならないし、誰が取りに行ってももらえなければおかしい。その立場に立つなら、検察側が入れる人と出入り禁止の人を指定する権限があるのが、本来間違っているのです。(が、そういう明快であるべきルールを曇らせているのが、記者クラブ問題なわけです。)
「出入り禁止を食らう」と書いて置いて、その事実に何の疑念も持たないあなたが、リーク問題を語る資格があるのでしょうか。はなはだ疑問です。

>民主党はメディアの未確認情報や堀江貴文氏の「偽メール」のように根拠の怪しい情報にもとづいて政府を追及した。その民主党が、政権についた途端に報道に干渉するような言動を繰り返すのは、ダブル・スタンダードである。


ぼくも民主党を擁護するつもりはありませんが、素直に見て、「怪しい情報にもとづいて」失敗したという事実の分だけ、政党としてダメージとペナルティをくらった歴史的事実がすでにあります。でも、怪しくない情報だったらあの事件はどうなっていたでしょうか。問題はリーク云々ではなく、情報の精度だったわけでしょう?論旨がおかしくないですか?精度の高いリークを使うべきだったと述べてらっしゃるのでしょうか。

また、今のところ、民主党は報道現場に直に干渉しているわけではなく、あまりに不公平なマスコミの振る舞いについて言及しているわけで、報道にまつわる制度を(ワールド・スタンダードを参考に)国民にとってより良い物にして行こうという態度ならば、「報道に干渉」などと批判できないと思います。
はっきり言って国民目線は、マスコミの不埒さ、不公平さ、反省の無さ、時代錯誤的振る舞いに、うんざりを通り越しているのです。

先日、松本サリン事件の河野さんの被害体験を知る機会がありました。ここに詳しくは書きませんが、多くの国民も尻馬に乗ったとは言え、当時マスコミのやった行為は、人として最低のレベルだと思いました。あの時のようなメディア・バッシング問題が何ら本質的に改善されず、現実としてマスコミ各社に自浄作用を全く期待できない以上、いつどんな事件に巻き込まれるか分からない弱小な国民の一人として、マスコミがリークの現場で何をやっているのか、興味を持つ人が多く居るのはとても健全なことと思います。

>メディアが捜査情報を報道することより、政治家に遠慮して疑惑を闇に葬ってしまうほうが重大な問題だ。もちろん一方的な情報にもとづいて犯人扱いすることはよくないので、人権に配慮する必要はあるが、それは情報源が匿名か実名かには関係ない。たとえ情報源に違法の疑いがあっても、それより大きな公益のために必要だと考えれば報道することがジャーナリストの使命である。


あなたが偉い評論家かどうか知りませんが、ため息が出るんですよねー。(その面の皮の厚さにですよ。)
あなたがおっしゃるように、(ウォーターゲート事件を例にご説明なさった通り)リークを完全に無くすことはできないし、リークは時に社会に有用だとさえ、僕も思います。
でもそのためにマスコミが、記者の一人一人が果敢にも挑戦してきたのなら、日本はこんな世の中になっていないんではないですか。
あなたは普通に問わないのですか?これまで明らかに金権的な振る舞いをした(主に当時与党だった自民党の、いや清和会系の)「政治家に遠慮して疑惑を闇に葬って」きた検察が、何でまた急に正義を振りかざしはじめたのか?と。
そして、マスコミ各社も何でまた、誰もが思いつく上記の疑問について報道せず、片方の情報ばかり懸命に流そうとするんだろう?と。

「大きな公益のために必要だと考えれば報道することがジャーナリストの使命である。」
はぁ~~。たしかにその通りです。この一説は同意しておきましょう。
でも、その”公益”とは、マスコミの利権を守ることですよね。別な議論になるので割愛しますが、僕にはそうとしか見えません。少なくとも、そう感じる人間が増えてきたからネットでの議論が巻き起こっているのだと思います。
それをあなたは、「ネットで盛り上がる的はずれの「検察リーク」批判」という物言いで批判できるとお考えなのですね。

最後に単純な反論をひとつ。
「ならばマスコミ全社は、事件報道に際して必ず容疑者側の弁護士などのコメントを常に併記すること」。できれば、少なくとも初回報道では検察側リーク情報と、弁護士側の主張とを、同じ分量で掲載してもらえると、もっと公平なんですが。
このルールだけでも守ってもらえれば、少しは状況がマシになると思いますが、こんな簡単なことさえ守られていないマスコミ状況が何に由来するのか、評論家として分析してもらいたいものです。

たしかに僕らシロウトは取材の現場を知りません。その意味において、”的はずれ”なことも時々言っているのでしょう。しかし、シロウトが現場を知らないのは当たり前で、プロがそれを自慢してどうなるんでしょうか。現実的制約の中で、どういう努力をして、結果どの程度のことが出来、何ができないか、真摯に説明するのがプロたるものの役割ではないでしょうか。
また、現場を知らなくとも、(個々には良心的記者が居るとしても)マスコミ全体の振る舞いは国民にとって疑問ないし害悪のレベルに来ています。これは、プロだから分かることではなく、むしろ、離れた立場のシロウトの方が実感できることです。今回の池田さんのネット世論に対する御批判は、そのような大局的状況について素知らぬ顔をした、まあはっきり言えばカマトト優等生の強弁に思います。

最後に、自分のガス抜きのために感情的台詞を書きます。
”シロウトをバカにするな~。
シロウトが本質を突くことも
(まあ、ごくごく~たまには~)
あるかも?知れないし~、
ないかも知れないし~。
どっちにしろ数が多いのが
シロウトの強みなんだから~。

クロウトが現場持ってるの当たり前だ~。
それを自慢すんのはオカシイ~。
木を見て森を見ずって、古いこと言わせんな~。”

おわり!
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/189-c8f14d58

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。