スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●「連続市民講座」第4回~原発災害以降のメディアのあり方を考える

開沼さんイベント

このようなイベントをやります。
http://sapporosocialmedia.blogspot.com/2012/02/4-20122256.html

場所は「フェアトレード雑貨&レストランみんたる」(北区北14条西3丁目2-19 Tel:011-756・3600)
2012年2月25日(土)午後6時~からです。ドリンク代500円のみいただきます。
(終了後、ゲストにも参加していただいた宴席に移行しますが、こちらの御参加も可能です。こちらの飲食代は、別途必要です。)

当日のゲストは2名。まず、「『フクシマ』論―――原子力ムラはなぜ生まれたのか」で単なる原発推進/反対の議論を越えた非常に重要な視点を提供した、気鋭の社会学者・開沼博さんです。原発を立地した地方自治体の立場を、歴史、生活、地方と中央の関係などから、多角的に考察した書籍です。かなり話題になったので、読んだ方も多いと思いますが、泊原発を抱える北海道の私たちがどのように世論形成していけばいいのか、参考になるお話しをうかがえればと考えています。
ゲストのもうお一方は、泊村の問題を取り上げたドキュメンタリ―を作成したディレクターの方です。実際の現地がどのような雰囲気になっているのかなどよく御存じで、開沼さんと興味深いトークが交わされるのでないかと期待しております。

当日はお二人のトークをUstreamでも中継する予定ですが、イベントの中で上映される作品については会場でしか見られませんので、興味をお持ちの方はぜひ、直接御来場ください。そして話の輪に入っていただければと存じます。(URLは追ってこのブログにも書きますので、もう少々お待ち下さい。)

イベントの内容については、こちらに詳細があります。→原発災害以降のメディアのあり方を考える「連続市民講座」

会場で(そして遠くの方はUSTで)お待ちしております。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/242-19b77c27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。