スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●「米軍再編 岩国の選択」を見ましたよ

 硬いタイトルですな。でも気になるので見に行きました。
 内容も、硬くはないけど、地味でした。これ、批判しているのではありません。
 淡々と、出来事の現場に付き添って、淡々と仕上げた、あまり変な作為のないドキュメンタリーです。地味な作業に労力をかける、その姿勢は見上げたものです。

 でも、別な言い方をすれば、ごく普通の現地レポートでもあって(これも批判じゃありません)、むしろ疑問なのは、どうしてこの映像がTVで流れないのか、ということです。

(いや、もちろん、ホントは何故この話題がTVに流れないのか、分かってますよ…、僕は。たぶんこれを読んでるあなたも…。)
 内容は、”岩国で住民投票があった”、そしてそれがどうなったか、というシンプルなものです。

 ここでの住民投票って、投票率が50%を越えないと、投票自体が無効になっちゃうんだって。だから、投票率を上げるための様々な努力が市民の手によってなされるわけです。その中で、ごく普通の主婦だった人が、だんだんと声を上げることを身に付けて行く、という展開がなかなかでしたね。

 関心ある人はどうにかして見るだろうから、ここでは内容にはあえて触れないでおきましょう。
 実は、上映後の監督(西山正啓氏)の解説30分が、なかなか実感こもっていて良かったので、当日の僕のメモから引用したいのです。(僕のノートなので、正確な聞き取りではありません。)

--------↓以下、ノートから(でも文責はブログ筆者・ユッキー)
「夕張の話は、特別な話ではない。
今、弱い立場の人がどんどん切り捨てられていっている。
日本のはじっこの方に行けば行くほど。

(町村の合併で)役場がなくなり、
農協漁協の支部もなくなり、
年寄りばかり残る。
(そういう場所で)NPOを立ち上げる人は、
60代ばかり。

10年後はこの土地はなくなってしまうのでないか?
と思ったりする。

棚田は荒れ果て、山も荒れ放題。
若い人は街に出て、お祭りもなくなってしまう。

沖縄の知事選でも自民が勝ち、
あきらめ感がものすごく出てきている気がする。

ヤバイ変化を感ずる。
このまま行くと国内でテロを起こす(=暴力的手段に訴える)人が
出てくるのでないか。
僕らの気持ちと、実際に起こっていることとの乖離が大きい。

イザナギ景気を超える?というが、
そんな実感を持っている人いるだろうか?
ぜんぜんいない。

常呂町も、(合併によって)町がなくなって中心がなくなった。
バイパスができて、今は民宿の経営さえ成り立たない。
世界一のホタテを作っている(旧)常呂町の元気が見えない。
病院もなくなる?

札幌からはなかなか見えにくいだろう。

この国をどういう方向に持っていこうとしているのだろうか?」

~(中略)~

「沖縄に勝った国は、
米軍再編に協力すると交付金を出す法律を作るつもりらしい。
そして沖縄県の埋め立て認許可権を、特別措置法で取り上げる。
今回の(辺野古の)案は、キャンプ・シュワブの中にあるので、
住民が抵抗できない。
ここで一気にやるつもり(国は)。
軍事にかかることは、一般国民に「文句を言うな」と言う。
僕らは議員の選び方を間違っている。
ろくでもない、約束を守らない議員たち。

岩国の人たちは、
かつては何もモノを言わない土地だったが、
住民投票の運動をすることが)いろんな勉強だったと思う。
今、岩国の人たちはキラキラしている。
(運動にかかわった岩国のある主婦が)『日本は植民地か』と思うようになったと、言っていた。
住民投票にかかわって、本当に勉強するようになった、と。

横須賀でも、原子力空母母港化の住民投票をする予定。
佐賀県でも、原発プルサーマルについて県民投票ある。

(この映画の)テーマは米軍再編だが、
主権者ってことを、もう一度学びたい。」

--------↑ノートここまで。

 近頃僕も実感するんだが、この国は実質的に植民地なのかも知れない。(アメリカの最後の州という意見もあるが、アメリカの政治に口を出させないためには、州より下にしておいたほうが好都合だろう)
 同様に、民主制は見せかけのシステムで、どこにも本当の民主主義はないとも言える。ただし、主権者である国民も、あまり何も学んでこなかったという現実がある。
 市民セクターにもっと知恵が集まらないと、官僚と族議員のノウハウに勝てない。そのためには、国会の運営を監視するシステムや、法案の真の意図を解析できる市民セクターの専門家も必要だし、今の情報の流れでは駄目だ。

 これからそういうものを作るというのは、気が遠くなる作業のような気もするが、すでに始めた人たちは全国にいっぱいいるような気もする。

 都会からは見えにくいものがある、という、監督のコメントが印象的だったなあ…。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/26-167d469f

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。