スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●「森達也のメディアゼミ」

きのうは「森達也のメディアゼミ」に行った。
(場所:シアターキノ@札幌)
上映作品は「放送禁止歌」
http://www.jdox.com/mori_t/works.html
(↑このページの一番下です)

知っている人には説明するまでもないが、
森監督は、「A」「A2」を作った人。
このところ、メディア論をはじめ、
日本の状況のヤバサについて
鋭い発言をする論客として注目を集めている。

もともとはTV関係出身で、
テレビというものがどういう性質のものなのか、
ホント、裏表わかっている感じ。
話の切り口が新鮮で、わかりやすいたとえも多く
面白かった。

きびいしことも言うが、暖かい真摯な感じのする人だ。

本を買ってサインしてもらい、
名刺を渡して「市民メディアみたいなことはじめました」
と挨拶すると、
「ネットはこれからの状況では大切です。がんばってください」と言われた。
ファンへの声かけなのかも知れないが、
すごく普通に言ってくれたのが嬉しかった。

ファン度が高まってしまった。
これから色々読んだり見たりしてみよう。

お話の中で、いくつも印象に残ったことはあるのだが、
すごくシンプルで重要なことを一点だけ。
問題のある番組にクレームをつけるだけではなく、
いいと思った番組には、応援の言葉をよせてほしい。
それでスタッフも励まされる、と。

なるほど。
僕らは知らず知らずクレーム屋になっていたかも知れない。
最近のテレビに対して、意識的に見ている人ほど、
批判の舌鋒は鋭くなりがちで、
(それは当然なのだが)
それだけでは十分でないかも知れない。

でも考えてみれば、
僕は時々応援のメールを送るようにしている。
これをもう少しコマメにやってもいいのかな、
と感じた次第である。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/42-e443d49b

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。