スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●鹿児島県警による冤罪事件

 書きたいことがイロイロあるが、世間のテンポも早いし自分も雑用で追われているしで、溜まったまま流れていく、そんな日々。
 それにしても、鹿児島県警の作った冤罪事件はあまりにもハッキリした醜態で、さすがにある程度はメディアで話題になった。僕は、鳥越さんの「ザ・スクープ SP」と、

「NNNドキュメント」の両方で、同じ日に同じネタでこの話題を見た。

「NNNドキュメント」では以前、「嘘ひいごろ」というタイトルでこれを報じており、今回は「続・嘘ひいごろ」。つまり続編である。

 鳥越俊太郎(我が家では「トリトリ」と愛称を付けて呼び、応援している気になっているが)の「ザ・スクープ」は、ご存知の通り警察でっち上げの冤罪事件や、違法捜査の問題について、一貫して協力に追及しているところだ。
(※番組を見逃した人は、ネット配信で見れます。「ザ・スクープ」の方は。)

 事件の概要は、それぞれの番組を見れば分かるが、知らない人のために3行で書くと、鹿児島のド田舎(失礼)の集落で、13人もの住民が選挙違反(金や焼酎をもらった?)の疑いで、任意同行されたり逮捕されたりしたが、人権無視の違法操作で自白にいったん追い込まれたものの、裁判では全員が無罪を主張。アリバイもあり物的証拠が何もなく、今回地裁で無罪判決になったというもの。――記憶で書いているので、あちこち細部に間違いがあるかも知れない。分かったら直します。

 すでに操作の段階でも、なんと警察内部から「これは冤罪じゃないのか」という疑念があがり、あれこれ内部告発もあったらしい。すなわち、でっちあげにしてもあまりに杜撰すぎ、裁判所も検察の主張を認めなかったという事件だ。
 まったく情けない、いや、違う、そういう問題ではない。いったい何がどうなっているのか。

 それにしても…日本が民主国家だというのが、いかにチンケな認識かよく分かるというものだ。いや待てよ、裁判で住民側が勝ったのだから、まだ捨てたものではないのか。そのあたりどっちなのかよく分からんが、気を抜いてたら何もしてないのに拘留されて自白に追い込まれることがある国だ、というのと、警察や司法の問題性について皆が放置しておいたままでは事態は変わらないということだ。
 こんな体質を持つ国で共謀罪や関連法が成立したら、いったいどうなるか、火を見るより明らかに思うがなー。

 トリトリも指摘していたが、ここで僕らが考えなければならないのは、日本の警察→司法の異常さではないだろうか。いくつもあるだろうが、気になったのは、
・判決で”捜査の違法性”を認めながら証拠を採用している裁判が、多数あるらしい。違法捜査があったと判明した時点で証拠は無効、という考え方がこの国では通用しないらしい。これは世界の常識の中に出たら笑いものにならないか?またそれを放置していたら、「そりゃ捜査はちょっとは違法だったかも知れないですけど、こんなに悪い奴なんですよ~」とか言われて押し切られてしまう、そういう世の中が成立する。いや成立しているのか。
・あと、検察が起訴したら99だか98%と有罪になるというのもね。このあたり、今封切られている「それでもボクはやってない」につながる話だろう。
・もちろん捜査の密室性も大問題だ。

 さらに問題だと思うのは、こと今回の事件に関しては、住民側が無罪になって終わりではなく、誰かが事件のでっちあげを積極的に画策したことが明らかなことだ。「ザ・スクープ」では警察幹部の個人名をしっかり報道していたし(なぜそうするかも番組で説明していた)、NNNの方では警察幹部の顔も一部映っていた。それでいいと僕は思うが、それで終わりでもない。無実の市民に冤罪をしかけたのは市民社会に対する犯罪だ。どのような罪状が成り立つのか分からないが、しかるべき罰(少なくとも懲戒免職)を受けなければフェアとは言えないように思う。伝え聞くような、減給だの訓告だのでは、とうてい償ったことにならないと僕は思う。

 このあたり、まだまだ知らないとならないことが多そうだ。追々、調べて行こうかな。ワイドショーでこのネタを取り上げたのかどうか知らないが、少なくとも上記ふたつの番組ではやっていた。マスコミの良心的部分として、エールを送りたい。

※僕はハードディスク・レコーダーを買ってからTVの見方が激変した。NNNドキュメントや、テレメンタリーなど、深夜早朝に放映されるので、しっかり記録して次の日に見るようにしている。そうすると見飛ばしがない。3本に1本くらい、いい番組があるので、お勧めする。お涙頂戴物は適当にしておいてほしいときがあるけれども。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/43-49c231fe

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。