スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ユッキーの個人ツアー8日目・一橋大学

早起きして新幹線で東京へ。

新幹線は、切符は高いが速い。
そしてビジネスマンが多い。
おお!
ビジネスとは、”忙しいこと”の意味か。たしかに、
先回りしてかすめとることが資本主義のエッセンスだ。

一橋大学

ミヒャイル・エンデが”時間泥棒”と、
いくぶんロマンチックに呼んだそのことは、
なんのことはない他人を出し抜くことなのだ。

話がそれた。

東京駅から国立(くにたち)に移動。
中央線で一橋大学に行く。
国立に行くのはどうやら初めてだ。(自分でも意外)
雰囲気の緩やかな文教都市で、
北大のゆるさを思い出した。
正直、嫌いではない。
あのぬるま湯が好きと言えば好き。

学内には意外にもたくさんのタテカン(立て看板)が並び、
いっそうノスタルジックな気分になったりしたが、
これは文化的ミームというヤツなんだろう。
かん


目当てにしていたシンポジウム、
「オルタ・グローバリズム運動の現在――その挑戦と課題」
については別レポートを参照のこと。
http://japan.indymedia.org/newswire/display/3910/index.php

※この記事と写真は僕がやりました。

ゴリゴリかと思ったが、
ドイツから来た運動家の方々も、
地元を大切にするとか、
教えるなんてダメで、相手から教わるとか
そういうことを言っていて、
左翼運動系にも潮流の変化が起こっているのを感じる。
というか、何系かはどうでもいい。
ローカリティや、個々の違いを尊重できないような人付き合いは、
先細るに決まっているのだ。
と、古くなってきた日本人の一人として言いたい。
NO G8

彼らの本心には、硬い芯のようなものがあるとも見えるが、
個別の相手との違いを尊重しなければ
運動の先もない、と考えているところは
好感が持てた。
これが本当のオルタな部分なのかも知れない。

共産主義→ポルポト、みたいな悪夢はもう嫌だ。

シンポジウムの後は、飲み会。
深夜バスまで時間もあるので参加。
アカデミックな言葉が飛び交っていた会合ではあったが、
結局は居酒屋、
しょせん人間のやること(コミュニケーション?)に
それほどのアバンギャルドなど、ないと言えばない。

様々な興味で勝手に動いている人たちと出会えて、
しばらく楽しい時間が続いた。

それにしてもヨーロッパには(ドイツには?)
大学などアカデミズムからも外れた、
知識人=活動家=実践家みたいな人が居るのを実感。
こういう人たちをアクティビストと言うのか。
あまり金がありそうでもなく、
そういう意味ではアーティスト的な雰囲気もある。
やりたいことに向かって、明確に動く目をしているが、
ファナティックな感じではないのが良かった。

もしかして、日本のオタクとか
引きこもりとかに分類されてしまう人たちも、
はっきりとオルタナティブを提示できる方向に行けば、
アーティストかアクティビスト的な空気を
持てるのかも知れない。
なぜなら、考えたり調べたりする
気持ちの余裕や時間を持っているから。
(ぜひやってよ、コスプレ・ブロック=G8警官隊と、コスプレの対決、
見たいよ、オレ。)

なんとなくだが、
日本で起こっているひずみが、
世界の動き=資本主義のグローバルな完成と、
連動している部分がどれほど大きいか
見えてきた気がする。(すべてを説明できるとは思わぬが)
オルタ



日本人の、鬱になっている人たちへ。
落ち込んだり、自分を責めたりしているヒマがあるなら、
周りを見廻せと、僕は言いたい。
そう言って耳に入るタイミングの人には、
言いたい。
(入らない人には…仕方がない、も少しそっとしておく。)

もちろん、そうしたところで自分の傷が癒えるわけではなかろうが、
世界にはどんな傷がどれほどあるのか、
知らずに痛がっているのは、
滑稽だ。

自信を持って痛むというのか、
痛むことの質そのものが変わると思う。
(たぶん)

飲み会の後、新宿から
深夜バスにて山形へ移動。
安いのと、一泊浮くのは良いが、
着の身着のままでバスに揺られるのは
なんだか心もとない。

とは言え、
新宿の不夜城の多種多様な照明の渦の中を、
窓にカーテンをかけて覆面移動していく深夜バスの中は、
カーテンの隙間が思わぬスリット効果を生んで、
360度から影絵が入り込みダンスしていた。
そうして、
めくるめくような夜更けの幻燈会に出会ったような、
お魚になって深海魚の水槽に浮いているような、
意外な淡い光の乱舞の中、
見知らぬ人がただ居合わせただけの、奇妙な修学旅行のように
漠然と東北に向かうのであった。


スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/59-b3fccc3e

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。