スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●イルコモンズ他、不起訴ってホントなの?

なんか、今さっきmixiを見ていて気付いたのだが、イルコモンズ氏自身によって「不起訴処分」の報告がなされているゾ!

mixi
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=34155868&comment_count=1&comm_id=273549

イルコモンズのふた
http://illcomm.exblog.jp/8468554/

文章が冒頭から、滝川クリステルの写真で始まるものだから(これ、写真ジェネレータによるジョークです)いまいち本当かどうか信じられないが、本当だよね??

7月5日のデモなんて、記憶はとうにセピア色だっちゅうのに。
でも…

デモの思い出はセピア色
以下、状況が分からない人のための簡単な説明↓

(1)G8直前の7月5日、札幌で大きなデモ(ピースウォーク)がありましたとさ。
(2)そこですんごい数の警察が出て、4人の逮捕者がでましたとさ。もちろん「逮捕」は、わさわさマスコミに報道されましたとさ。だから「悪いことして逮捕されたんだな~」とすぐに信じた人も、全国にたくさんいましたとさ。
(3)でも逮捕の場所の周辺に居た人たちは「何もしてないのに警察が車の窓割って、人を連れてった」と言う人が多かったとさ。
(4)直後に、写真やら動画やらレポートやら、まわりに居た人たちが自分の目で見た情報が、わんさかネットに上がったとさ。
(5)いろいろ細かいことは分からないこともあるけど、たとえば<1>ロイター通信の記者の体を暴力的に引っ張って逮捕する警察の姿がはっきり映っていた、とか<2>サウンドデモのトラックの運転席の窓を、運転手は何も抵抗していないのに、一方的に割っている警察の姿とか、いろいろな情報が流れに流れたとさ。外国のメジャーなメディアにまで載ったとさ。
(6)ロイターの記者はすぐ拘留が解けたとさ。
(7)他の3人は10日間ちょっと拘留されたけど、そこで釈放されたとさ。これは日本の司法ではとっても珍しいことだったとさ。ふつうはもう10日間(合計22日とか言われる)は、ほっといても拘留されることがほとんどなのに、なんでまた途中で出してくれたんだろうね、珍しいことだね、と噂されたとさ。
(8)なのにいつまでも起訴するのかしないのか、なかなかぐずぐずして解答が出ないままでいたとさ。
(9)イルコモンズが冗談を言ってないのなら、昨日やっと、不起訴(起訴猶予という表現らしいが)という結果が表に出たとさ。

結論!?
<1>なんも悪いことしてない市民4人を逮捕した!
<2>情報をそのままダラ流しするマスコミにより、「暴れて逮捕」と信じ込んだ人が多かった。
<3>ふつうならここで終わりだが、今回はマスコミと違う情報がいっぱいネットに流れた。
<4>それはむしろ警察が悪いことをしたのを示す情報ばかりだった。
<5>結果として拘留も延ばせないどころか、起訴もできなかった。(争えば負けるから)

ということではないのだろうか?
現時点では、推測で書いているので、結論という言葉は強すぎるかも知れないが、拘留を途中で止めたこと、また起訴しなかったことは、おおいに上記のことを推し量らせてしまう。

まだわかんないけどね。
逆に国家賠償訴訟などしていけば、より「実際に何があったか」を確かめる過程ではっきりしていくのかも知れないけどね。

とりあえず、よかった!

みなさん、マスコミの情報、特に犯罪関係の情報は、警察の発表やリークをそのまま流しているだけなので、信じ込んではいけません。
すべて嘘だとは言いません。が、少なくとも一方的だといえます。それを常識にしたいものです。
またこれは、日本のマスコミ特有の現象だということは、知っておいてください。

という具合にラストは真面目にまとめてオワリ。




スポンサーサイト

コメント


ホントだってば~

起訴猶予

不起訴と起訴猶予は、違うと思う。

前に法政で「がんがん」つかまったときも、ごっちゃにしていて弁護士に聞いたら不起訴じゃなかったことがあったけど...。

不起訴と起訴猶予は違いますね。たしかに。
この文章は、とりあえずの喜びで、そこらへんいい加減に書いたものではあります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yukky0ape.blog62.fc2.com/tb.php/96-3b07dbbc

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。