スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「流言・投書の太平洋戦争 講談社学術文庫」川島高峰・著

 第二次世界大戦の戦時下、政治家や天皇など偉い人達が何を考え何をしていたか、そういうことを研究した本はいっぱいあるだろう。また、軍隊がどう闘ってどうなったか、そういう記録も調べればいくらも出てくるだろう。“歴史”と呼ばれる物語は、往々にしてそのような、大まかなコマしか描かない傾向がある。しかし、「銃後」と呼ばれたいわゆる一般民衆の心情が、どのようなもので、それが戦況の変化にともなってどう変わっていったのか、きちんと研究した本はあまり出ていないのではないか。
 この本は、当時の諜報機関(公安警察や憲兵隊など)の記録から、民衆が何を感じ何を考えていたのかその実際を、時間軸に沿ってまとめたものだ。もちろん、民衆の平均的な思いを知るために、補足の資料も使って考察を加えている。
 僕は、視点が面白いと思ってこの本を手にした。
【“「流言・投書の太平洋戦争 講談社学術文庫」川島高峰・著”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。